Top / Season1 / Log56
HTML convert time: 0.314 sec.

Season1/Log56

Last-modified: 2011-06-14 (火) 04:00:36

第56回 110301 「ぶらぼーしょっと」

ゲームマスター
ゲームマスター
ゲームマスター
ゲームマスターここは、鬼面都市バドッカ
ゲームマスター様々な生き物が跋扈する魍魎都市
ゲームマスターいろんな文化が交流する貿易都市
ゲームマスター
ゲームマスター
料理長「はい、はい。 でもその大きさはちょっと・・」
つぁとぅが「( ̄-  ̄ ) ンー」
料理長「あと、いちご5万個は…」
つぁとぅが「( ̄-  ̄ )
料理長「大き目のいちごを500個とかならなんとか…」
つぁとぅが「(゚ー゚)(。_。)ウンウン」
ゲームマスター真白き梟亭の一角でそんな会話をしている無駄に大きな図体の奇妙な生物がいてます
ブリーズ「ごきげんよう料理長、ランチタイムはまだやってるかい?お、つぁとうがもいたのか。」
BGCOLOR(green)ジャーダ「…? マスター あの生き物は…?(つぁとうがのほうをみながら)」>アル
ジュフォン「よぅ、あいかわらずだな」>つぁとうが
アルゲントゥム神秘学 の範疇かねぇ? <でっか生物
料理長「はい。今日のランチは低地王国風オムレツとパエリアになっております」 >ブリ
ジュフォン「料理長、なんか甘いもンを頼むよ」
ゲームマスター神秘学、神学/銀 地域知識/バドッカ あたりで
アルゲントゥム3d6-19 神秘学 ダイス→ 6(3D6: 2 1 3)-19 = -13 神秘学
ブリーズ「頂くとしましょう、ワインは白、ボトルで…ああこの季節、デザートにはやはりイチゴだ、頼めますか?」
アルゲントゥムくりったかw
ゲームマスター銀の月、土属性の「聖なる怠惰」の分身 ちびつぁとうが、でございまするね
ゲームマスター外見は身長3mちかい カビゴN(ポケモンの)に蝙蝠の羽がはえたような姿です 
ゲームマスターバドッカ近くの山の地下に本体が封印されているのですが
アルゲントゥム「銀の月の小神…の分身、かこれはまた珍しいモノがみれたものだ 今日は良い日になるかもしれぬな」>ジャーダ
ゲームマスター寝ながらも、美味しいものが食いたいのか、分身をたまにバドッカによこして、美味しいものを所望しています
ブリーズ「ん?料理長の近くによくいるぞ…晩飯時ならうちにも時々来るし。」>アル
つぁとぅが「(  ̄▽ ̄)ノ」 >なにかのチケットをジュフォンやブリーズ、みしらぬ人たちにも配っています
ジュフォンまじまじと見つめますね<チケット
アルゲントゥム「何と言うか、規格外な都市だな此処は」>ブリ
ブリーズ手に取ってみます>チケット
ジュフォン「あン?これぐらい普通じゃねぇのか?」>アル
ブリーズ「まあ、お前さんみたいのが居るってだけで、そりゃあ並の都市じゃねえよ。」>アル
ジュフォン「上手そうに飯喰うから、作りがいがあr…って何でもない」
ゲームマスタームルマイル=ゾンビーズ VS ルルイエドルフィンズ の試合のチケットですね >チケット
アルゲントゥム「一般的には銀に属するモノ達は積極的に敵対とは言わずとも相容れないモノと認識されているのだよ」   まぁ例外が翼人だったりするんですが
ゲームマスターつぁとうが、がドルフィンズの選手で出るので、みにきて欲しいようです
ジュフォン「あン?鎧球の試合か…この日時なら暇だな」
ブリーズ「鎧球…?見るのは初めてだな。」
つぁとぅが「(≧▽≦)」 >ジュフォン
ジュフォン「ふむ。弁当でも作って観戦するか…」
ジュフォン「と。弁当ならブリ助が作るか…酒でも買って行くことにするぜ」
ブリーズ「ま、応援くらいならしてやるよ。差し入れ愉しみにしててくれよな。」>参加するよー!
パンダ皇帝「ほうほう? いつもは、怠惰なのに、随分とやる気のようじゃのぅー」(アルの頭の上にのりながら)
ブリーズ「そういうこと言うと信頼に応えたくなるじゃないか…お前の分だけでいいのか?」>ジュフォン
ジュフォンド定番の位置にw
アルゲントゥム「あの時は死の淵が見えたからな……試合をみるだけならば問題は無かったのだが」
PL [[ジャーダ「<瞬間回避>が封じられたマスターは直接攻撃に弱いですからね    無事(?)で居てくれたのでほっとしましたが(ぼそ」
ジュフォン「馬鹿やろ、30人前じゃねーか、コイツもいるんだぜ?」<つぁとぅが指さし>ブリーズ
パンダ皇帝「おぬしも出るのかえ?」  >ジャーダに
アルゲントゥム「……いつの間に乗っているのかね? まったく気が付かないのだが」>パンダ
ブリーズ「これはうっかりしていた…やれやれ、今日は眠れそうにないな。」>嬉しそうに包丁を叩きつつ
パンダ皇帝「うむ、そなたの頭はさわりごこちが良いのじゃ! べはべはべは!」 >アル
ジュフォン「ある意味違和感がありすぎて突き抜けちまってよ、逆に疑問じゃねぇのが怖ぇな」
ジュフォンアルonパンダ皇帝を見つつ
PL ジャーダ「さすがに皆様方に混じって、と言うのは無理があると思われます(戦闘能力的に」>パンダ
ブリーズ「むしろ、普通に登場した方が怪しく思えてくるな。」>パンダ
ジュフォン「だろだろ!?」>ブリーズ
パンダ皇帝「そうかのぅ?」  つ怪力の首輪と、技能付与/投げ(DX+4)の鈴 限定/ネコ つき >ジャーダ
アルゲントゥム「だからと言って私の頭の上が定位置と言うのも納得が行かぬのだが」
ブリーズ「まあ、かといってよちよち歩かれても怖い物があるが…」
ジュフォン「納得がいかなくても割りきる方が人生楽しめるぜ、多分」<深くため息を一つついてから>アル
アルゲントゥムパス回し専門にはなれそうだなw <投げDX+4
パンダ皇帝「では、肩の上がよいかの?」ジャーダの逆の肩にのりながら
ブリーズ「大道芸人かよ…」>アルを見ながら
アルゲントゥム「頭に乗られるよりはマシですが…私はあまり体力が無いので多少キツイですな」<頭に乗られると首が、首が~~~~~になる可能性がね
ゲームマスタークォーターバックになれまするな >なげ+4
ブリーズ「ところでお前さんは何しにきたんだ?まさかアルの頭に乗っかりに来ただけではあるまい?」>パンダ
パンダ皇帝「…? まさか、わらわが重い、とでも言っておるのかえ?」|-_-)>アル
ジュフォン察しが悪い人に通じるのだろうか…(こそ
パンダ皇帝「おお、思いだしたぞよ? 帝国の新しい飛行船ができたから、観覧に誘いに来たのじゃ」>ジュフォン&ブリ&アル
ジュフォン(ヒコウセン?)
アルゲントゥム「私の体力的には、ですが……そちらの二人であれば楽に抱き上げてくれると思いますがね」 >ブリ&ジュフォンを見つつ
ブリーズ「いやいや~、若い二人の邪魔をするのも…なあ?」>ジュフォン
パンダ皇帝「うむ。バドッカ包囲戦の前後に破壊されたふぇにっくす号のあとがまじゃ」>ジュフォン
アルゲントゥム勿論通じません (ぁw
ブリーズ「飛行船…帝国要する空飛ぶ船か。一から建造したと?」
パンダ皇帝「……………」 >アルの肩から頭にいどうしている
パンダ皇帝「うむ。今度は、可愛らしく、はっぴーどらごん号と名づけたのじゃ!」>ブリーズ
ブリーズ飛行船自体は一般的に知られているのですよね?公式にも。
アルゲントゥム「何故に頭の方に? 肩の方がまだ問題が無いと先ほど言ったと思うのですが…」>パンダ
パンダ皇帝「ドワーフどのの希望で、夜戦ように黒めにしぶく塗装したのじゃぞ」
パンダ皇帝「………」 アルの首に足をからめながら
ジュフォン「……夜戦……」<思い出したくもないあの日の出来事~♪
パンダ皇帝「こうすれば、首がきしむこともあるまい?…アルよ」
ジュフォンうっかり足を閉じてしまうのですね
ブリーズ「……皇帝直々にお誘いとは、身に余る光栄でございますな。」>興味無さそうに
アルゲントゥム「肩車、ですか? 確かに重量は分散されるので楽にはなりますが……ジャーダが追い出されてしまいましたな」   ジャーダはアルの腕の中に移動
ゲームマスター落ちそうになったら、フランケンシュターナーをして体勢をたてなおすわけですね」
ブリーズ殺す気できている…・!
パンダ皇帝「ジャーダ殿は、わらわの頭の上に乗ればよいぞよ?」(^-^)
ブリーズ「しかしなあ、飛行船だなんて…見たいか?」>アル、ジュフォン、つぁとうが
PL ジャーダ「……」<プイッ
ジュフォンさて、開始日時はどうなってるのかの?<鎧球の試合と進宙式と
つぁとぅが「(〃∇〃)」 つぁとうがは、基本怠惰なんで、自力で移動しなくて良い乗り物はけっこうすきですね
パンダ皇帝「おお、では、今から試合場に乗っていけばよかろう」 試合は今晩ですね
パンダ皇帝「なんなら、上から観戦してもよいぞよ?」
つぁとぅが「(゚ー゚)(。_。)ウンウン」
ジュフォン「ご自慢の飛行船だから、無碍に断るのは良くないんじゃね?(ひそひそ)」>ブリーズ
アルゲントゥム「興味はあるがね、遠くから見る事は幾度かは有ったが、近くで見れるのであればそれはまた違った見方になるであろうしな」 勿論違う飛行船ですが(前代かもしれないw
ブリーズ「ん~…だがどうせ見るのだったら空からじゃなくて間近で見たくないか?(ひそひそ)」
ゲームマスター先代の飛行船は小説で破壊されてまするからねw
ジュフォン「じゃ、ご自慢の飛行船とやらを見せてもらうか。」
ブリーズ「そうだな、ま、久々に風を感じるのも悪くは無いか」
ジュフォン「船、と言うからにゃ帝国領だからな、武官らしくフル装備で乗っても構わんのだろ?」
パンダ皇帝「うむうむ! ふぉろみーじゃ! アルよ! 右斜め45度に転進じゃ!」 
ブリーズ「あ、厨房はあるのか?差し入れ作りたいんだが」>パンダ
パンダ皇帝「なんでも、そろっておるぞよ? 船籍はいちおう、くるーざー扱いじゃからの」 >厨房
アルゲントゥム「私は乗り物では無いのですが……どちらまで行けば良いのですかな?」>パンダ
ブリーズ「何してんだ!さっさと行くぞ!」>厨房と聞いて
パンダ皇帝「うむ、店の前までじゃ!」 お店の前に「空飛ぶ絨毯」が引いてあります
ジュフォン「いちいち突っ込むのもアレだが、なんだいこの絨毯は?」
ゲームマスター上を見上げると巨大な飛行物体が宙に浮いています
ゲームマスター帝国が誇る飛行船「ハーッピードラゴン」です
ブリーズ形は具体的にどんな感じですか?>ハッピー
ゲームマスター下から見ると普通に船のようにみえます
ブリーズ「くぁ~…こいつは壮観だな。どこから乗るんだ?」
ゲームマスター普通の船と違うのは、下向きにも横向きにも艦橋っぽいものがでていることですね
ジュフォン「…アタイ、未だにあんなでっけぇしろもンが空飛ぶ方が理解出来ない」
アルゲントゥム「跳ぶ、と言う手もあるがね? おそらくはこれ(絨毯)で乗り込むのであろうよ」>ブリ
ゲームマスター空飛ぶ絨毯であがっていくと、ハッチがいくつか開いているのでそこから入ります
アルゲントゥムと言う訳で  パンダを絨毯の上に下ろそうとしますが……素直におります?
ブリーズ「まあ、理解できる方がおかしいと思うぞ。」>ジュフォン
パンダ皇帝「? そなたは絨毯はキライかえ?」 >アル
パンダ皇帝「じゃが、テレポートでは、ジャーダ殿をつれていけぬぞよ?」  テレポートで持っていけるのは生物一体おんりー
ジュフォン「妙なところに艦橋があるな…っと、中はどうなってるのやら」<絨毯におそるおそる乗り込みつつ
ゲームマスターいかない場合は別で試合会場に行くイベントがございます
アルゲントゥム重荷までなら連れてけるから ジャーダなら一緒に行けるが……ではなくて  パンダを下ろそうとするのは
アルゲントゥム起動させるときに乗ってた人 が所有権(コントロール権)を持つからですな
ブリーズ「あれは流石に俺でもわからんな…厨房はどこにあるのか」>艦橋を見つつ
ジュフォンああなるほど、操縦者ですな
アルゲントゥムパンダを絨毯に>起動させてから他が乗り込む  と言う順番がアルの頭の中には確定しているのです
ゲームマスターパンダ、は自前で小さな座布団でそらを飛ぶので
ゲームマスター別で操縦者が必要ですね
ブリーズおいいw
ブリーズ「あ、パンダ、中を案内してくれないか?」
アルゲントゥム操縦/絨毯 か……なんて敷居の高い技能だw
ゲームマスター上にあがるだけなら、技能は別になくてよいですよw
ブリーズというより、なんの技能で判定だw
ブリーズなら判定はしなくていいかな?ちょっと見て回る場合は別ですがw
ゲームマスターとりあえず、いろいろとはしょって艦橋に
アルゲントゥムうい<はしょって
ジュフォン「中は普通の船みたいだな」
ゲームマスター中にはサリカ信者の兵士達がちらほらいてます
ゲームマスターまだ、戦争配置ではないので、なかもゆるゆるです
ブリーズ風起こしですね>サリカ
ゲームマスターつぁとうがが、自前の羽で甲板にあがってきて、ごろごろしています
ジュフォンそのなかをフル装備で闊歩中ですすいません
アルゲントゥム脱出要員かもしれんぞw>くうちうほこう
ゲームマスター公式では、サリカ信者やミュルーンの空中機動のできる兵士が多数のりこんでいました >先代のひこうせん
ジュフォンで、パンダ皇帝の様子は?<横目で見るんですよ
ブリーズ「ああ、ところで君…もしよかったら案内していただけないかな?この景色を一人で眺めるには寂しくてね…」>美人の船員をとっつかまえて
パンダ皇帝「しゅっぱーつなのじゃー!d(*:⌒▽⌒*:)b」 パンダは派手好きなんでのりのりです
ジュフォンとっ捕まえた少し後で鬼のような形相をブリーズに魅せるのですw
ジュフォン「凄くノリノリだなw」
GM 美人の船員「ひぃぃぃ・・」 ハシって逃げていきます
ブリーズ「ひぃィィい!」ジュフォンに土下座
ジュフォン「…ったく」
アルゲントゥム「うむ、場所が変わってもいつものやり取りだな」<ブリ&ジュフォンの行動を見て
ゲームマスターでは、今日の試合会場は南の諸島の一つですね
パンダ皇帝「うむ・・そろそろ眠いので寝るのじゃ…+.゚ウト゚+.゚(o´I`)゚+.゚ウト゚+.゚」
ブリーズ「おお…!南国とは、思わぬバカンスになりそうじゃな。」
ジュフォン「水着美女か?」
ジュフォン「って、寝るのかよ」
アルゲントゥム「寝所などは用意されているのかね?」>ぱんだ
ゲームマスターパンダ、は船の置くに設置してある専用の棺おけに入って寝ます
ブリーズ「水着を着た美女か…水着を着て無い美女もいいな。」
ジュフォン「おっと、ブリーズの頬に蚊が!」<良くしなる平手打ちを
ブリーズ「ぶべらっ!」きりもみしつつ吹っ飛び
アルゲントゥム棺おけってぉぃ、それは一人で寝に行った で良いのかな さすがに見ると疑うからなぁ
ゲームマスター帝国(元)宰相サンバート「では、ごゆっくり、ご観戦を」 >ジュフォン&ブリ&アル
ゲームマスター20代に見える金髪美形が皆さんをエスコートしてくれます
ジュフォン「おぅよ」
ブリーズ「ええ…あ、厨房はどこかな?」>そればっか
アルゲントゥム「観戦よりもむしろこの船の構造や動力に興味があるのだが……さすがに機密かね?」>美形さん
GM サンバード「帝国の魔術師団に入っていただけるのでしたら、いつでもお教えいたしますよ?」 >アル
ゲームマスター
ゲームマスターでは、ドルフィンズのセンターには「つぁとうが」 クォーターバックには「死してなお夢見るもの」 ランニングバックは「龍の担い手」という豪華ならいんなっぷ!
アルゲントゥム「確かに外部の者には教えられんよな」   聞いてみただけだから引き下がるのも早い
ジュフォン「酒も買った、つまみも買った。チケットは特等席みてぇだからよく見えるしな」
GM リア「と、いうわけでー アリスンちゃん。ドルフィンズにレンタル移籍してみない?」>アリスン
ブリーズ「…つぁとうがはドルフィンズか。」>フィッシュアンドチップスをつまみつつ
アリスン「良いですけれども」
ゲームマスターリアさんは、露出の多めの水着を着て、チアガールをするようです
GM リア「がんばー!」
ジュフォン「あ、リアの格好良いな…」<ケツの方をガン見しつつ
ブリーズ「お前も着てみたらいいじゃないか」
アルゲントゥム「そう言えば先ほど『間近で見るのもそれはそれで良い』と言っていたな。見るだけで有ればこの様な事も出来るのだが?」>ブリち~
つ演出《魔法の目》《幻影》で、目で見たモノを幻影で写す中継魔法!
アルゲントゥム魔法の耳はまだなので音声はありませんw
ゲームマスター面倒なんで、試合は省略
ゲームマスターアリスンの豪快すぎるランと
ブリーズ「おお!こいつはいい!」超エキサイティング
ジュフォン「50ヤード独走かよ…」
ゲームマスターつぁとうがの豪快なタックルで一方的に試合を進めて
ジュフォン「おホッ!まるで人が紙くずのようだな」<タックルを見つつ
ブリーズ「ひゅう…おっかねえ、ありゃ事故だな。」
ゲームマスタームルマイルのゾンビーズ達がまるで、死体のように飛んでいきます
アルゲントゥム実は幻影は集中していないと同じ画像しか写せ無いので  アルは常に集中状態だったりしますw
アリスン「うう、お風呂はいりたい…」
GM ゾンビ「いやあ。いい試合だったね(さわやかな笑み」>アリスン
GM ゾンビB「まったくだな! すごいパワーだった!」>アリスン
ジュフォン選手詰め所には行けるのかの?
GM ゾンビ「聖なる怠惰様にもひけをとらない、みごとな走りだった!」
ブリーズ「なるほど、鎧球とは人が弾け飛ぶスポーツなんだな」
アリスン「ど、どうも。そちらこそ、手が取れても突き進むガッツは敬服しました」
GM ゾンビ「はっはっは。我々は、これくらいしかとりえがないのでね」
ゲームマスターとりあえず、試合のMVPにつぁとうがとアリスンさんが選ばれたので、勝利者インタビュー中であります
アリスン(´-`)。o0(爽やかに笑うゾンビってシュールだ…)
アルゲントゥム「概ね間違ってはいないな」 遠い目 (ぶっ飛ばされた人なのでw
ブリーズ「おい、アル、あれアリーちゃんだぜ!アップで写せよ。」
GM リア「すごいですねー。トライを奪い取るこつはなんですか?」>アリスン
GM リア「この調子で、週末のウィークリーファイナルも間違いないですね!」>アリスン
アルゲントゥム「ふむ? あまり近づくと不信物として攻撃されるかもしれんよ?」と言いつつそっちに近づけてみるが
アリスン「何も考えない事ですね。考えていると奪われます。  ウィークリーは他にも有力な選手が居ますので。でもそうなれたら嬉しいですね」
GM リア「でも、つぁとうがっちは、3回以上プレイに参加したんで、次の試合は出場停止ですねー」
GM つぁとうが「Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!」
ブリーズ「…なあ、アリーちゃんってあんな貫録あったっけが?」
GM リア「そうなると明日の試合は、アリスン一人で、ピールスティーラーズの鉄のカーテンを突破しないとウィークリーファイナルにすすめませんが賞賛は?」
ゲームマスターピールスティーラーズのオーガーのディフェンスラインは「鉄のカーテン」と恐れられています
アリスン「やってみなければ判りませんが、不可能ではないと思います」
GM リア「勝算はある、と力強いお言葉! では、現場からマイクをおかえししまーす!」
アリスン(´-`)。o0(言っておかないと身内の圧力強いからなあ……)
ジュフォン…ブリ助を矢面に立てばソフトタッチになるんじゃないかな…と邪推するPLw
ブリーズ一度壊してから再生するんじゃないかなあwアンデッド専門だし。
ゲームマスター今日、美人の船員にコナかけたから、むしろヒートアップですねw
ブリーズぎぇぇぇぇぇ
ジュフォン24時間365日あなたのことを監視してますwですなっw
アルゲントゥムその愛は……重すぎる
ブリーズ色々まずいような…!夜とか!>24時間
ゲームマスターでは、みなさん、勝利パーティーの会場に招かれてゴハンをたべたりですが
ジュフォンですが?
ゲームマスターすみっこで、つぁとうがが体育すわりをしています
つぁとぅが「ガ━━━━━━∑(゚д゚)━━━━━━ン」
ブリーズ「…口に合わなかったか?」料理を盛り付けた皿を差し出し
ジュフォン「お。おいおい、殊勲のオメェがンな隅っこでどうするよ?」<側行って肩ポン
つぁとぅが「( ̄_ ̄|||)どよ~ん」
ジュフォン「…相当WeeklyFinalに出れないのがショックみてぇだな」
ゲームマスターホー先生が小声で説明してくれます
GM ホー先生「明日の試合に勝てば、日曜の試合に出れるのだが、明日の試合は出場停止だほー」
GM ホー先生「…日曜は、聖なる怠惰、の誕生日だから、珍しくはりきっておったホー」
ブリーズ「なんだと!?てめえ何で今まで黙ってやがったんだ!」>つぁとうが
ジュフォン「ふむ、要は明日の試合に勝てば良いのか」
GM ホー先生「そうなるホー」
ジュフォン「よし、アタイがチアガールしてやるからブリ助頑張れ」w
アリスン「あれ、皆さん来てたんですか」
ジュフォン「よ、MVPお疲れー」>アリスン
ブリーズ「……集中できる気がしないんだが。リアちゃんの衣装だろ?」>ジュフォン
GM ホー先生「試合は、ある程度面白くするために、純とろは1クォーターのみ、それ以上の怪生物は数プレイしかできないホー」
ブリーズ「これはこれは、試合見てたぞ。相変わらずの銃戦車っぷりだな!」
ジュフォン「…アレより過激なのを用意してもらうがな」
ブリーズ「…集中させないつもりか?」>ジュフォン
ジュフォン「邪念に耐えてこそのスポーツマン」w
ジュフォン誰かオマエが出ろとは突っ込まないのねw
アルゲントゥム「だ、そうだよ? 頑張りたまえ」>ブリち~
ブリーズリアがいるからむしろ予想道理w
GM2 水着姿のリア「へー。きぐーだねー 私も日曜(安息日)たんじょーびー」 。アルのお尻と頭をなでなでしながら
アリスン「ありがとうございます。まあ、次回が山ですが」
ブリーズ「代役は決まったのか?」>アリー
ブリーズ「リアちゃん…いやあ、いい目の保養になったよ。」
ゲームマスターつぁとうがは、隅っこで涙でまるぺけをしています
ブリーズ「誕生日は何が食べたい?」>リア
アルゲントゥム「誕生日ですか、それはめでたい……それはそれとして撫でまわされるのは勘弁願いたいのだが」>リア
ジュフォン「さすがにキレが良いねぇ。あの足の上げっぷりは」
アリスン「今のところは。出場してみます?」
GM リア「へー? ぶりーちゃんはこういうのすきー?」 水着でポーズをとりながら
ブリーズ「大 好 き」
ジュフォンブリーズ目がけて致死の殺気を振りまきます、笑顔で
ブリーズ「…ま、まあそれは置いといて、だ。」>滝の様な汗を流しつつ
ジュフォン「大胆な格好だね~」>リアに近づきつつ
ブリーズ「…つぁとうが、つまりは明日勝てれば明後日お前は出れるんだろ?」
GM リア「ここらへんでは、これくらいのすっごい水着が普通なんだってー」 >じゅふぉん
ジュフォン「ほぉ、その切れ込みは罪だね~」
ブリーズ「…誕生日プレゼントはそれでいいな?」>つぁとうが
つぁとぅが「(T^T) グスグス ウンウン 」 >ぶり
つぁとぅが「( 〃▽〃)」(ぶりをぎゅーっと抱きしめながら)(めきょめきょ
ジュフォン「さて。張り切ってるつぁとうがのために勝利をもぎ取ってきてやるか。オメェさんも手伝ってくれや」>アル
ジュフォン(´-`)。o0「……リアとおそろいでチアするのも悪くはねーんだけどな」
ブリーズ「ぐぇぇぇぇぇ…ま、まあ、お前はいつも美味そうに飯を食いに来てくれるからな、こんくらいはお安い御用だ。」
GM (カーテンの陰の)エクリア「(ハンカチをかみ締めて)………・」
ブリーズ嫉妬対象に見境が無いなw
ゲームマスターでは、入り口のあたりがざわついて…
ブリーズ「さて…当然お前らも噛むだろう?聖なる怠惰の誕生日祝いだ。」
ゲームマスター珍しい人が入ってきます…
ジュフォン「さて、ブリーズ大好きあのメイドはチアガールとかしないのかねぇ」
アルゲントゥム「ふむ、そう言えばブリーズ君はあの時の練習試合は見ていなかったのだね……私は思いっきり攻撃を受けて吹き飛んだ方なのだよ」と言って見る>ブリち~
ジュフォン<無論大声でぶっかましますw
ジュフォンヒトか、本当にヒトなのかそれは??w<はいってきた人物
GM ルークス聖域王国元帥「あら、ジュフォンお姉さま。ごきげんよう」>ジュフォン
ブリーズ人だったね
ジュフォンあ、そうか
ジュフォン「…よぅ、ひさしぶりだな」<再開を喜ぶ笑顔じゃないですが
ゲームマスターアルリアナ信者らしく、きわどすぎる水着を着て、マカニ元帥がおともを引き連れて入ってきます
ジュフォン「息災かい?」<インビジブル+クロスプのフル装備ですが
アリスンその後ろでつぁとぅがの○×に付き合います。
ブリーズ「…相手はあのピールのチームだろう?別にぶつかるだけでなくてもやることはあるさ。」<投げたりキックしたり
GM マカニ「ファイナル、は我々のルークスカウボーイズ、と名高いドルフィンズとの一戦だと思っていたのですが…」
GM マカニ「メインのセンターが規定で出れない、とお聞きいたしまして…」
ジュフォントーナメント表はどうなってるノン?
GM マカニ「もちろんですわ? お姉さま あの毒婦の手からお姉さまを取り返すまでは」(^-^)
ジュフォンはいココでリアがいるか視線で捜しておきます
ゲームマスターいくつかのチームで戦って、勝率の高い2チームがファイナルを戦う、という方式です
ジュフォン「…それは力でしか成し遂げないのかい?」<悲しい顔で>マカニ
ゲームマスターリアさんは、チョコプリンを隅でかっこんでおります
ジュフォンこの場にいるのなら問題は些少です
ゲームマスターマカニさんはリアさんを電光の瞳のよな眼光で一瞬だけ睨んだあと、にこやかに笑います
ブリーズ「で、明日の試合は元帥様もおいでくださるということか、これは光栄だな…」美人には笑顔です
GM マカニ「男の分際で、お姉さまの近くで息をしないでいただけるかしら?」>ブリーズ
ジュフォンすげぇバッサリだw
GM マカニ「お姉さまが汚れますわ」>ブリーズ
ブリーズ「おやおや…これは申し訳なかったなあ」
ゲームマスターマカニさんは重度のユリですので
ジュフォンあ、ちょっと質問
ゲームマスターうい
ジュフォン前回渡した百合のリボン(緑色)らしきものは身につけてる?マカニ元帥
ゲームマスター赤黒いリボンを身につけています
ブリーズ「君の近くなら、いいかな?」>息をしない
アルゲントゥム血を吸ってる~~~~~!?
ジュフォンその赤黒いって、よく見知った赤黒さ?w
ゲームマスターぶん=かーんの血で染まりましたw
ジュフォン合掌
ブリーズ文字通り首が飛んだね
アルゲントゥム(-∧-)合掌…
GM マカニ「よらないで下さらないかしら?  (低い声で)妊娠したらどうしてくださいますの?」>ブリーズ
ブリーズ「大切にするさ、君も君との子もね。」
GM マカニ「(小声で)キサマも死ね」
GM マカニ「あの、パンダと共に、影だけ残してこの諸島のクレーターになるがいい」>ブリーズ
ブリーズ「…影?影だと抱きしめられないじゃないか」
ジュフォン「……余り仲間を苛めないでやってくれ」<ブリとマカニの間に身体を割り入れつつ
ジュフォンっと、リボンは髪に飾ってるのかの?それとも手首??
ブリーズ「いやあ、余りにも可愛いからついつい、な。」<お前じゃねえよ
GM マカニ「おねえさま。明日の試合の時間に、『お約束していた』話し合いができますので、迎えをよこしますわ?」 (赤黒いリボンを指し示しながら
ジュフォンちょっと相談timeとって良いかな?
ゲームマスターリボン、は腰にちょーちょ結びでつけています
アリスン「まあ、ファイナルはみんなで頑張りますので、ここは堪えて…」(○×中)
ゲームマスターつぁとうがの相手をしてるのかw
アリスン精神が小さな子の場合は真面目に対応するのです。
アルゲントゥム「ふむ、ところで○×は定石が有ってそれを知っている者同士であれば決着が付かない と言うのは知っているかね?」>○×対戦中の二人
アリスン「ええ。なので13×13でやっています」
ゲームマスター13きょうふしょー!
ブリーズ
アルゲントゥム
ジュフォンう?
ブリーズ
ゲームマスターなにゆえ、13恐怖症で、そんなに自爆ネタを・・
アリスントラウマ克服の訓練です!
アリスン「……」ぶるぶる
ゲームマスターでは、恐怖症はんていをどうぞー
アリスン3d6 ダイス→ 10(3D6: 2 3 5) = 10
ゲームマスターおk……チッ
アリスン「…やっぱり次は15マスにしましょう」
アルゲントゥム「それはそれで決着が着かなそうだな」<15マスまるばつ
アリスン「そうですね。決まり手が寝不足になりそうなので、まあ、この辺で」
ブリーズ「さあて、本命が来たから、お邪魔虫は退散しようかね。」>リアのところに行って一緒にプリンをば
ジュフォン「試合の時間じゃねぇと『話し合い』は無理なのか?」
GM マカニ「私も、いろいろと忙しいので、申し訳ありません。お姉さま」>試合の時間
GM リア「マカニちゃんは、プアルにそそのかされているんだろうけど…」
ブリーズ「このプリンうめえな。持ち帰りして良いと思う?」>リア
GM リア「でも、悪いのはもともと私だしなぁー」
ブリーズ「いやあ?姐ちゃんも悪いと思うけどな?」
GM リア「お持ち帰りしたら、つぁとぅがっちがついてくるよ?」 >チョコ
ジュフォン「…そうか、まぁ一国の大権を持つお前としがない傭兵じゃ仕方ねぇわな」<自嘲の笑顔で
GM リア「いちゃいちゃしてるとこを、プアル君が魔法の目かなんかで、マカニちゃんに見せたらしいんだよね・・」
ブリーズ「家族なり恋人なり、踏み込んだ関係になりゃ言い合いなんて起きるだろうし」>リア
ブリーズ「予想通りですっきりしたぜ。マカニちゃんが覗き魔だった!とかよりはな」
ジュフォン碌でもねぇなあのガマガエル
GM リア「デバガメには気づいてたんだけど… アルリアナ神殿だと日常茶飯事だからねぇー」
ブリーズ「いい趣味だ。けどさ、それって要するに」
GM リア「?」
ブリーズ「プアルが覗いたことはそれほど問題じゃないよな?」
ブリーズ「浮気くらいならあの子、自力で感づくさ。あれだけいい子なんだし」
ブリーズ「問題は、見せた後プアルが何を吹き込んだのか?」
ブリーズ「…ああいう娘を利用したのが許せねえんだよな。浮気なんて姐ちゃんなら日常茶飯事だろうし」
GM リア「…きっと私が内緒にしてること、が問題なんだと思うんだよね・・」
ジュフォン失礼なw
アルゲントゥムでも、事実でしょ?w
ゲームマスター失礼な、全部ホンキだw
ブリーズシェルちゃんとリアちゃんを前にして同じ事を言えるかw
ブリーズブリも本気なのにw
ジュフォンその通りですw
ブリーズ「……じゃあさあ」
ジュフォンあ、ブリとリアの会話は聞こえてないよね?w
ブリーズ「マカニちゃんが落ちついたらさ、三人で話しあってみたら?」
ゲームマスターマカニちゃんは、独占欲がちょっとだけ強くて、それを悪魔にこつこつ増幅されていたわけですな
ジュフォン「…………時間の都合を付けてくれてありがとな、マカニ」<と言って頭を撫でるのですよ
ジュフォン「ドレスコードは有るのかい?」
ジュフォン直情なのでぐだぐだ考えるより言って話し合うことを優先するのです
アルゲントゥム第5師団 か?
GM マカニ「( 〃▽〃)」 「お姉さまなら、なにを着ても良く似合いますわ」
ゲームマスターマカニさんは、ジュフォンさんの性格は良く知っているですからね
ブリーズ「ま~、ともかく余り気負わん方がいいぞ。こういうのは、あれだ。惚れた弱みってやつだからさ。」
ジュフォン「一国の"元帥"に接見するのだから、武官として恥ずかしい格好では望めん<<言外に悲しさを含ませつつ
ブリーズ「…プアルが黒幕ってことが解っただけで万々歳さ」
GM リア「…私も、手紙、を全部書き終わるまでは死ねないからね」>ブリ
ブリーズ「そういうこと言うなよ、邪魔したくなるじゃないか。」>死んでもらいたくないんだね
ジュフォン「姉が妹に会うのとは。訳が違うしな…」<遠い瞳で
GM マカニ「では、また明日。ごきげんよう、お姉さま」
ブリーズ「……誰に向けた手紙だかは聞かないけどさ。」
ゲームマスターエクリアさんがリアさんと話をしているブリを物陰から睨んでいます
ブリーズリアが近くにいるから出てこれないんだなwうう、きづけないかしらw
ジュフォン何故に?<リア・エクリア
ブリーズパンダもトロールの血を引いているから
ゲームマスターアリスンさんがいるからですな
ブリーズだからパンダ=リアが嫌いなのか…それとも他に要因がいるから…
ブリーズアッー!アリーもトロール派だったか!
ジュフォン「スマン、つぁとうが。アタイちょっと都合が悪くなった…でもブリ助いれば百人力だ、日曜を楽しみにしてな」
ブリーズ「……おい、ジュフォン」
ジュフォン「よろしく頼んだぜ、色男」>ブリーズ
ブリーズ「……お前に言われたくは無いなw」>色男
ブリーズ「ちょっと借りるぞ。」<ジュフォンの小物を借ります
ジュフォン何が言い?<小物
ブリーズなんでもOK。持ち物さえあれば居場所が解るからね
ジュフォンでは、颶風を預けましょう。この剣で両手剣を覚えましたしw
ジュフォン「なんだよ唐突に」>ブリーズ
ブリーズ「ん~…いやな、まあ、なんというか」
ブリーズ「じゃあ、代わりにこれを。」ココアシガレットを口元へ
アリスンこっちはつぁとぅがさんが落ち着いた後で、会場を周遊中であります。
ジュフォン「あむっ!なンだよ…」と言いつつ横咥えにするんですよ、何故か貫禄があるw
ゲームマスターエクリア「ぎりぎりぎりぎり……・・」
ブリーズ「…皆まで言わんとわからんか?」>心配なんですね、マカニとリアの秘密をある程度知っているから
ジュフォン「さて、鬼と出るか蛇と出るか…」
ブリーズ「ま、あの娘いい子だし、しっかり話してきな。」
つぁとぅが「(≧▽≦)」 >アリスンとおさんぽ
ジュフォン唐突に抱きついて…「その剣はアタイが大剣を覚えた大事な剣だ、ちゃんと返してくれよ?」<耳元ひそひそw
アリスン「あ、今度はあれ食べましょうか」ぐるぐる
ブリーズ「……ああ、だから必ず返って来い。」<ぎゅっと抱き返しましょう。離すのが惜しいくらいに
アルゲントゥム歯軋りの音が数倍に跳ね上がりました
ブリーズうわあいw
つぁとぅが「(  ̄▽ ̄)ノ」 ケーキを日曜に注文したそうです
アリスン「じゃあ、絶対に勝たないといけませんね。装備も新調して置かないと」
つぁとぅが「(゚ー゚)(。_。)ウンウン」>アリスン
ゲームマスターでは、さくっと進めるでありんす
ゲームマスターもしくは、次回に続きます
アルゲントゥム「私はアテにせんようにな、あの手の戦法は一度使えば対策は取られてしまうモノだからね」 出るのはかまわんが~と
ブリーズおお、まさかの次回
ブリーズというわけで、結局出場は何人?
アルゲントゥムMe?
ブリーズ俺もでるぞー!(バリバリ
ゲームマスターアリスン、アル、ブリーズ、ジャーダの4人かな?
アリスンそう…なりますねえ。多分。
ジュフォンスマヌ…
アルゲントゥムちょw ジャーダ、マジででるんだ……こりゃ 離れられんな(ぉいぃ?
ブリーズジュフォン大本だから、しっかり気張っておきなさいな
ゲームマスタージャーダちゃんはなにげに、DX最高なんで
ブリーズブリのシガレットあれば場所は辿れるからね!
アルゲントゥムそんかし 体力は最低です   無防備なヤツを攻撃してもダメージが通る可能性が半分!
ブリーズあれだ、アメフトだよね?
ブリーズスローとキックで稼ごうか。
ゲームマスターアメフトですよ?
アルゲントゥム武器有りの、ねw
ブリーズ…りありィ?>武器あり
ジュフォンいくざくとりぃ
ゲームマスターもちろんですよ?
アリスン多分帰ったら、トロールメイカーの前で、もう一回飲むかどうか真剣に考えます。
ブリーズ銃は不利かな…二刀流で行くかも
ゲームマスターでは、いろいろはしょって
ゲームマスター明日
ゲームマスター試合もハーフが経過して
ゲームマスタースティーラーズのオーガラインをつぶして良い感じになったところで
ジュフォンフィールドに立てないのをさみしく思いつつ観戦中<で良いのだろうか
ゲームマスター相手のラインが三人ほど入れ替えになった、とアナウンスが流れます
ブリーズ「やーーっ!」決めたところでアピール中
ゲームマスターハーフタイムショーが割終わったあたりで、ジュフォンさんに着ぐるみの方々(ポンタ君)がお迎えにあがりました
アリスン「ハァハァ……今のうちに呼吸整えないと…」
ジュフォン「…貴様か……あのときのことは忘れてねぇが…」
ブリーズその様子をフィールドから見て居ましょう
ゲームマスターサーラーフ「ふもっふ!」
ジュフォン「さて、ドレスコードはこれでイイのかい?」<なにげにフル装備中ですが
ジュフォン「問題がないようなら、案内しな」<あごをしゃくるのですねw
ゲームマスタールークス潜水艦「とーあはーでだなーん」の艦橋に案内されます>ジュフォン
ゲームマスターこれらの品はデルバイ神が娘の巫王のために作り出した品々です
ジュフォン他国の領土に立ち入るのですから、それなりの敬意を払いつつはいります
ゲームマスター艦橋にはマカニさんや全12体の「獣の鎧」がいてます
ゲームマスター獣の鎧=ふもっふ
ジュフォンんーと、他国の軍艦の艦橋に入る時って、何か払っておく礼儀とか有るかの?
ゲームマスターマカニさんは特に気にしませんが、一応挨拶と敬礼が必須ですね>他国の軍艦
ゲームマスターまあ、そこら辺は軍隊ものをみていただくとして
ジュフォン「タマット神殿傭兵小隊、ソール隊隊長ジュフォン・ソールであります、今回は貴艦に招待頂き光栄に思います」<敬礼(^_^)ゞ
ゲームマスター艦橋には巨大なモニターがあって、人工衛星を経由して送られてくる映像で試合を中継しております
ジュフォンふむ
GM マカニ元帥「ようこそ! ルークスへ! 我が国は貴殿の入国を歓迎いたします」 答礼
ゲームマスター
ゲームマスター試合会場では、三人の純とろが猛威をふるっております
ブリーズ三人!?
ブリーズミントとエクリアとツンデレさんか
ジュフォン…っておぃ!!w同族嫌悪は何処へ行った!?
GM エクスキューショナー「…・ぎりぎりぎり…」
GM ジャッジメント「私の…旦那さまはどこ…?」
GM ロウヤー「べ、別に、あんた達なんか、私がいなくても勝てるはずなんだから!」
ブリーズ「…まさかここで会うたぁ、随分暇なんだな。」>エクス
ゲームマスタークーデレ、ヤンデレ、ツンデレ、の純とろ三人娘です
ゲームマスターハーフタイム前は日が照ってるので、三人ともでませんが
ゲームマスター今は日が落ちているので平気です
アリスン「是はきつい…」
ブリーズ「傭兵ってのは気楽なもんだな、姐ちゃんところばかりとはいかないものか。」
ゲームマスターちなみに、彼女達は仲が悪いので
ゲームマスター同時にコートにたつことはほぼありません
ブリーズルークスから依頼があったな?
ジュフォン「…ずいぶんと接戦のようだな」<モニターを見つつ
ブリーズ「…リトル、残りの控えは何人いる?」
GM マカニ「前半は、ルルイエ有利でしたが… 鉄のカーテンを止めれるのは聖なる怠惰のみ・・勝負がありましたわね」
ゲームマスターリトル「控えは、50人いたけど…イマハ、10人…」
ブリーズ「…まいった、集合!」>全員に集合賭けて
ジュフォン「なぁに、アイツらならそれぐらい軽くしのぐさ。まぁそこにアタイが居ねぇのはちょっとさみしいがな」
アリスン(´-`)。o0(え、でもこのまま何かあったら、向こうのトロールも巻き込まれるよね…)
ブリーズ残りタイム、残点を確認します
ゲームマスターディワン達「ぎょぎょぎょ…」 >ブリ
ブリーズ今はぎりぎり優勢?
ゲームマスター残りは、数分です 今はまだ半ゴール勝っています
アルゲントゥム気にしないんじゃないかな? 悪魔にそそのかされてる人は目的第一になってそれ以外はどうでもいいって 視野狭窄になるから
アルゲントゥム↑トロが巻き込まれる
ゲームマスタートロールはパンダと違い爆発を止める理由がないんで、いざとなったら、テレポートで脱出します
ゲームマスター他のピールの選手は当然、灰燼に帰しますが、そんなことは、トロールのしったことではないのですね
ブリーズ「さて…作戦会議と行こう。あと数分をどうもたせるか。」
ゲームマスターその分のお金は当然、ルークスから支払われますし
ブリーズ「まず、あの三人のトロールに対する対処だ…ぶっちゃけ、誰がどれと当たる?」>アル、アリー、ジャーダ、ディワン
ゲームマスターとりあえず、ラインがいなくなったんで、エクスキューショナーの前に「誰か」が立たなくてはいけないです
ゲームマスター他のトロールは今はベンチです
ジュフォンジュネーブ条約はどうなってるw
アリスン「…まあ…肉体的に言うなら私でしょうか」
アリスンあれ、ここって瞬間移動阻止はないんですな。
ブリーズエリクサーあり?>試合
ゲームマスターここは瞬間移動阻止はないです
ゲームマスターエリクサーおk
ブリーズアリーにはジャッジメントに当たってもらいたいが…ST的に得だよなあ
ブリーズ1d6 筋力
ダイス→ブリーズ 2(1D6: 2) = 2 筋力
ゲームマスター移動阻止、は高いんで、こういった、特設会場にはないのです
ブリーズ1d6 敏捷
ダイス→ブリーズ 3(1D6: 3) = 3 敏捷
ブリーズ1d6 幸運
ダイス→ブリーズ 5(1D6: 5) = 5 幸運
アリスンなるほど。
ブリーズあ、ブリーズ出たい~
ブリーズけれどST30のガチンコ対決も見たい、ここはアリーに譲ろうかな
アリスンじゃあ、私も筋力と敏捷をエリクサであえげます。 前者筋力で
アリスン1d6+1d6
ダイス→アリスン 6(1D6: 6)+3(1D6: 3) = 9
アルゲントゥムマックスあ~~~~~~っぷ
アリスンあと、荷役と幸運。
ブリーズビッグ・アリー! ショーウターイム!
ゲームマスターチアガールのリア「あ。ブリーズちゃん。私、ジュフォンちゃんを連れ戻してくるね!」>ブリーズ
ブリーズ「待て!」
GM リア「せっかくだから、勝利時には、一緒にいたいよね?」
ブリーズ「…正気か?」
GM リア「とう!」 姿が消えます
アリスン「ならこれを」 つ[余ってる5点のパワーストーン]>リア
ブリーズ「…いいかてめえら!この試合なんとしてでも勝つぞ!」
アルゲントゥムあ~ そういや前回から何日? P石の回復量が知りたい
ブリーズ「コールド狙いでいけ!攻めねぇ馬鹿に明日は来ないと思え!」>さっさと終わらせてリアとジュフォンを救出ですな
ゲームマスター2日なんで、4点回復
アルゲントゥムらじゃ
アリスン「…死ぬまではやりましょう」
ブリーズ「……ジュフォン、リアちゃんを守ってやってくれ。」
アルゲントゥム「さて、それではこう言う作戦で行くかね?」<裏のクロスオペレーション
アルゲントゥム準備に 従者で2FP 幻覚で0 幻覚変身で1 計3Fp疲れるな
アリスン「では、それで」
ブリーズ「ああ…じゃあ俺達は全力で抑えるぞ。」
ブリーズ「じゃ、残り数分だし円陣組むか!」
アリスン「リアさんが成功すれば、後顧の憂いも消えるでしょう。あとは、はい」
ブリーズ「…ああ、そうだといいな。」>心配中
ブリーズ「ま、念には念をいれとくか。」>銃装備
アルゲントゥム重要な事は 従者は技能が有っても体力は無いから ぶつかられたらヤヴェと覚えて置いてくれ!
ブリーズ了解、一発だけでも耐えたら充分だ!
ブリーズというより、なんとかなるんじゃないかな?>
アリスンそれ再生した場合はルールどうなるんですかね…
ブリーズ死んだら退場かな…
アリスンまあ、後はトロールさんに正面から勝てば(無理
ゲームマスター従者、を前もって、100体登録しておけばおk
ブリーズ出来るのが怖い
アルゲントゥムFpもたねぇよw
アリスン活力のエリクサで…!
アルゲントゥムドーピングドーピングやほ~やほ~~~w
ゲームマスター審判「開始!」
ゲームマスター笛の音が響きます
ゲームマスターピールの攻撃なんで
ゲームマスタールルイエ側が、ボールをキックします
ブリーズキックはどなた?
ゲームマスターだれか、格闘技能とSTの高い人
ブリーズアリー…はもうトライしてるか
ブリーズ助けて従者!かブリかな
アルゲントゥムジャーダはSTないしなぁ  格闘は18だけど
ブリーズディワンの能力は?>キック
ゲームマスターさほどではないですが、格闘の得意なディワンが何人かいてます
アリスンブリーズで良いんじゃないですかね。
ブリーズここでジャスティスを抑えておく人間が必要だしな
アリスンなるほど。ではディワンさんで。
ブリーズういうい
ブリーズもう一人は…アル、任せたよ?(ニコリ
ゲームマスターでは、パンプキンにつれられて、ジュフォンさんがフィールドに戻ってきました
ゲームマスターちょうど、ディワンがキックを蹴った所です
アルゲントゥム任されても困るのだがなぁ……
ジュフォンフィールドは競技場ですかの?
ブリーズチラと見てほっとしましょう。>ジュフォン
ゲームマスター空高く舞い上がったボールは空中でなにやら、音を発します
ブリーズ「…?なんだ」
ジュフォン「ちぃぃ!遅かったか!!」
ゲームマスターベンチのあたりにパンプキンとテレポートしてきました
ゲームマスターフィールド内に直接テレポするのは、禁止ですのでねw
ブリーズ「遅かった?まだ試合中だぜ!」
ジュフォン「あンデカブツ降ってくるってーんだよ!!」<怒鳴り声
ゲームマスター上空を回遊していた第五福龍丸が
ジュフォン第五福龍丸言うなw
ブリーズとうとう言いおったw
ゲームマスター微妙な振動を繰り返しながら、降りてきます
アルゲントゥムいや 開始のキックで起動はしないと思うんだけど…… それだと 苦し紛れのキック じゃ無いんじゃないかw
ブリーズ「……まじかよ。」
ブリーズ試合放棄は重罪かのう、したらカビゴンが悲しむ脳
ブリーズあ、タイムすりゃいっか
ゲームマスター開始時にはできるだけ高く空に舞い上げる必要があるんですね 滞空時間を稼がないと相手を止めに幾時間がないんで
パンダ皇帝「わらわが『門』を作って、あれを月の近くまで飛ばそう」  とパンダが突然とんできます
ブリーズ「…頼めるか?あんなもん誕生日の花火にゃちょいと上等過ぎる」
パンダ皇帝「この体で無いと、門、は生成できぬからのぅ」
ブリーズ「どれくらいもたせればいい?」
パンダ皇帝「そうじゃな… 」
アリスン「審判にタイムをお願いしてください」
ジュフォンtimeかからないとフィールドに行けないですっけ?
ゲームマスターリトル「たいむあうとー」
ゲームマスターうい >フィールド
ゲームマスターリアさんが、客席で昏倒しています
ジュフォン!!
ジュフォンそれ気づけます?<リア倒れてる
ゲームマスターまるで、てれぽーとにファンブッて、転んで頭をうったかのように
ゲームマスタージュフォンさんは気づきます
アリスン「パンダさん、“お体"の方は」
ジュフォン「ちぃぃ、魔法のことはアタイじゃ力になンねぇ!」と言い放ってリアん所へ駆け寄ります
パンダ皇帝「今は、かようなことを気にする時ではないのぅ」 と呪文の詠唱に入っています
ジュフォン「リア!リア!!」
アリスン「大丈夫か、ではなく、場所はどこかと聞いてるんです」
ジュフォンあ、、リアの様子は調べられるノン?
パンダ皇帝「この会場の『どこか』じゃな」>アリスン
ゲームマスターパンダ、は空中に巨大な門、を作り出します 
ゲームマスターそこにあちこちから、煙を吹きながら落ちてくる船が入っていこうとしています
ブリーズ「待て!」>ジュフォンを制し
ジュフォンさて、リアに覚醒を掛けますか
ゲームマスター覚醒が届くまでのきょりになったら
ゲームマスター10d6
ダイス→GM: 27(10D6: 1 6 5 2 2 1 2 1 2 5) = 27
ゲームマスター27点のダメージがジュフォンさんにあたります
ゲームマスターハンターですね
ゲームマスターどこからか狙撃されています
ジュフォン防護点を抜いて?
ゲームマスターまあ、反動で撃たれた逆を見れば一発ですがw
ブリーズ狙撃先は狙えないか
ゲームマスター防護はおk
ゲームマスターが、防護ぬけたのが倍になります
アリスン「レフリー・タイムアウトを要請します。あの船がどうにかなるまで」
ジュフォン24か
ゲームマスターレフェリー「レフェリータイムアウト、は認められません、ルークスカウボーイズのオーナーの依頼です」>アリスン
ジュフォン「ぐはっ!…ちぃぃ、ずいぶん重い一撃だぜ…」
ジュフォンだけど覚醒を実行!
ゲームマスターレフェリー「ブリーズ選手以外でプレイを続行してください」
ゲームマスター覚醒はなぜか、効きませんでした
ブリーズ「ご指名というわけか…」
ブリーズジュフォンに大治癒をかけつつ
ジュフォンでは、ココアシガレットをかみつぶしてboost
ジュフォン「どうして、覚醒が効かない!!??」<絶叫しつつ
ブリーズ「眠らせてやりな。」
ジュフォン「…何をほざく!!」>ブリーズ
ブリーズ銃構え、狙い1秒 8in 射撃2発
アリスンでは、ベンチのつぁとぅがさん(多分居る)に、ゲーム外の襲撃フォローをお願いしてコートに戻ります。「取り敢えず安全な場所まで体をつれてきて欲しい」
ブリーズ「てめえ助けに行ってこの様なんだよ!」
ブリーズ「もう二度と離すんじゃねぇぞ」
つぁとぅが「(゚ー゚)(。_。)ウンウン」>アリスン
ジュフォン「ギリ…・」
ブリーズ重要器官を撃ちます
ジュフォン鎧の呪文フルスロットル!FP消費自前で
ジュフォン3d6-13
ダイス→ジュフォン 10(3D6: 2 6 2)-13 = -3
ジュフォン「…ちっ、外したら後でシバく!」
ブリーズ「ああそうしろ、それまで死ぬんじゃねえぞ!」
ジュフォン鎧+5発動
ゲームマスターでは、二発命中します
ジュフォンって、魔法無効弾は防御魔法も抜くのんかいな?
ゲームマスター10d6
ダイス→GM: 32(10D6: 3 3 3 2 2 6 6 1 5 1) = 32
ゲームマスターうい 貫通いたします
ジュフォンって、回復はどうなってるの!!??
ゲームマスター回復は、だれがだれに?
ブリーズburi
ジュフォンブリ@ジュフォン
ブリーズブリがジュフォンに大治癒をかけましたな
ブリーズけれど距離的に無理?
ゲームマスター距離的に10mくらいははなれてる
ブリーズ無理だな、アルに任せよう
ゲームマスターああ、アルなら10mとどくのか!
ゲームマスターすげえな1
アルゲントゥムん~~~確認 今いる場所を正確に教えてくれ 状況がごっちゃりしてて判らん
アルゲントゥム楽勝で届くよ それでも15で判定できるから
ゲームマスターフィールド内、がアリスン&アル
ゲームマスター観客席の隅がジュフォン
ゲームマスター観客席にはいったばかり、がブリ
ゲームマスター互いに、10~20mくらい適当に離れている、としてください
アルゲントゥムちっ 分散してなければ何とでもなるのに
ゲームマスター暗殺者が、フィールドから40mくらい観客席の上の方
ジュフォンさて、この場合防御力はどうなってるのかの?
ゲームマスター元の防御だけなんで
ジュフォン鎧魔法は無効か
ゲームマスター5点かな?
ジュフォン今はクロスプ+インビジブル
ゲームマスター魔化も無効化するんで
ゲームマスターおおう、インビジか
ジュフォンフル装備と言ってたでソ?
ゲームマスターじゃあ、9点ですな
ジュフォンキッツいなー
ゲームマスター魔化なしで、9点てすごいなー
ゲームマスターなので、アルさんの回復が重要ですな
ゲームマスターと、いうわけで
ジュフォン-29/46
ゲームマスターフィールドの中はアリスンVSエクスキューショナーの一騎打ち
ブリーズ10m以上か…きついな、いくらハンターでも距離を離れれば役にたたなくなるぞ
ジュフォン「ぐはっ!……」
ゲームマスターもしくは、アルががんばって、アリスンさんを暗殺者の方に転移させるとか
アリスン「どうにか、抑えれば…ッ」追加荷重は無理だろうしなあ。
ジュフォン「…リア、アタイが死んでも護る…だから…死ぬな」
ゲームマスターアリスンさんがアルを持って転移するとか
アルゲントゥムって離れて 戦闘継続か
アルゲントゥム前提が崩れる  状況が判らん
ゲームマスターアルさんとアリスンさんはフィールドの中ですよね?
アルゲントゥム自由に動けるのは?
ゲームマスター基本は全員が自由に動けます
アルゲントゥム訂正 戦闘して無い 狙われて無い のは
ゲームマスターが、試合に参加する人数が減りすぎると問題で
ゲームマスター狙われているのは、ジュフォンさんただ一人
ブリーズジュフォンは動けない、ブリはペナを考えるとまず当たらない
ジュフォンも少し正確に言うと、リアが狙われてるのでそれを肉壁してるのはジュフォン、ですね
アルゲントゥムアリスンvsエクスが戦闘中じゃまいか?<↑これは動けないに相当するんだ……状況的に
ゲームマスター銃で狙撃されているので、ほんの1~2秒でリアは大ダメージ
ゲームマスターアリスンさんが試合放棄して転移すればさほど問題ありません>動けない
アリスンアリスンvsエクスは、エクスを無視してもいい。ただその場合は試合の流れが不明。
ブリーズそうしたらつぁとうが大暴れでしょうけどね
ジュフォン二つの勝利を求められてて。どっちかに偏るとどっちがが達成できない状況?
ゲームマスターまあ、今は試合<落ちてくる船、が一般的でせうが
アルゲントゥムむしろ暴れていいんじゃないか? これ真っ当な試合じゃないから<上で審判が「買収されました」的な発言してねぇ?
ジュフォン無効試合にするのは後で良いんじゃない?
ブリーズ後数分=10ターンたったら終わりだし、それまでにケリつければいい
ブリーズ10ターン以上は
ゲームマスターでは、そろそろすすめまする
ジュフォンあ、-29/46
ゲームマスターでは、次の射撃が飛んできます
ゲームマスター10d6
ダイス→GM: 32(10D6: 6 1 4 1 6 1 1 6 4 2) = 32
アルゲントゥム行動してないんだが?
ゲームマスター行動をどぞー
ゲームマスター相手の行動はこうなりますー
ジュフォン幸運エリクサを飲むには10秒かかるよね?
ゲームマスターウイ。10秒、となっておりますー
ジュフォンセルフ回復はペナがエグいし
アルゲントゥムどうもなぁ……こっちと呪文の認識に差があるのが怖いんだが
ブリーズ暗殺者とブリの距離は10でいいですよね?
ゲームマスターいいえ。30mです >ブリー暗殺者
ブリーズ当たらないな
ジュフォンマイナスいくつよ?
ゲームマスター呪文はなにがいいですか? >認識の差
ブリーズ4mのペナを無効として-6
ブリーズ銃使いだから避けには精通していると予想しても相当きつい
ジュフォン銃技能は?
アルゲントゥム土作成 なんだがこれ、実際の土を作るはずなんだよな~ 効果永久だし
アリスンどっ、土塁ですか。
ブリーズ銃器26 幸運 狙いのボーナスが適用されていたら+3
ブリーズだけど返答が無いと言う事は無しでいいかな>狙いボーナス
ジュフォンそれなら当ると信じて射撃をしてくれると良い
ブリーズ了解、ケリをつくとしたら1、2ターンですしね
ブリーズ避けを12と考えても相当きついぞ…
ゲームマスター狙いはおk
ジュフォン射撃は集中じゃないノン?
アルゲントゥムこれも弾丸当たると即座に消えるよ? とか言われると 魔法貫通弾は魔化も1発で全部消すのか? と言う話になるんだ
ゲームマスターいや、土は消えない
ゲームマスター魔法の土じゃないからね
アルゲントゥムであれば   射線を切るように作れば良いのだな
ゲームマスターそのとおり
ブリーズならばハンター8in射撃
アルゲントゥム距離修正は10mとかアルの場合ほぼ意味が無いから(ぉぃ?
ゲームマスターそれくらいは予想しているんで、言ってください >土作成
ブリーズHP10消費を二発、通常狙いで
ブリーズあ、6inも持っていることにしてOK?>装備
ゲームマスターおk
ブリーズなら6inも二発構えておきましょうか…弾足りるかな
ブリーズ3d6-29 8in
ダイス→ブリーズ 8(3D6: 3 4 1)-29 8 = in
ブリーズ3d6-29 6in
ダイス→ブリーズ 5(3D6: 2 2 1)-29 6 = in
ジュフォンおぅ、クリティカルじゃないかw
ブリーズ6inがクリットか…
ブリーズ3d6 クリット
ダイス→ブリーズ 11(3D6: 5 4 2) = 11 クリット
ゲームマスターおおう? よけられん
アルゲントゥム通常効果~~~~~ orz
ゲームマスター全部あたりでありやす
ブリーズ8d8
ダイス→ブリーズ 35(8D8: 5 1 6 8 4 1 8 2) = 35
ブリーズ8d6 違った…
ダイス→ブリーズ 23(8D6: 1 1 3 2 6 4 4 2) = 23  違った…
ブリーズ6d6
ダイス→ブリーズ 23(6D6: 1 5 6 2 5 4) = 23
ゲームマスタースペルストーンをつぶして逃げました
GM 魔王「………」
ゲームマスターカレは、「魔王」と呼ばれる有名な傭兵です
ジュフォンんと、2撃食らっておけば良いのかの?
ゲームマスターいあ、
ブリーズ「レディに銃を向けるとは随分ナンセンスだな。」<初対面です
ゲームマスターブリーズさんの射撃でにげたんで
ゲームマスターさっきの射撃は逃亡になりました
ゲームマスターでは、パンダが門を発動して
ゲームマスター船は宇宙に転移していきました
ゲームマスターそして、
ゲームマスターアクスキューショナーさんがアリスンに体当たりをしてくるんで
ゲームマスター避けるか、受け止めるか
アリスン止めます
ゲームマスターかっけー!
ジュフォンアリスンさんかっこいいー!
ゲームマスターでは、ダメージを1d6x?
ブリーズ嘘ww
ゲームマスターHPと移動力でー
ゲームマスター1d6x15がアリスンの出すダメージ
ダイス→GM: 6(1D6: 6) = 6 x15がアリスンの出すダメージ
アリスン90ですな
ゲームマスターそして、
ゲームマスター1d6x28+56
ダイス→GM: 1(1D6: 1) = 1 x28+56
ゲームマスターぐは!"?
ジュフォン84~
ゲームマスターま、まけた・・
GM エクスキューショナー「!?」
ゲームマスター観客「おおおー!
ジュフォントロルを打ち負かすアリスンさんマジかっこい~
アリスン「ぐううううう…ッ!」
ゲームマスターマジかっけー!
ブリーズ「…はっ!いかん、見惚れていた。」
アリスンやらせみたいな出目じゃないですかやだー
GM エクス「オモシロイ… (-_-#) ピクピク」
ゲームマスターでは、リードブロッカーのエクスさんの突進をアリスンがとめたので
ジュフォンさて、エクスのライバル心がアリスンさんに向いたことに安堵しつつ
アリスン「も、もう少し付き合います…」
ゲームマスタージャーダがランニングバックのボールを奪い取り
ゲームマスターてけてけ走って インターセプトタッチダウンをきめました
BGCOLOR(green)ジャーダ「…・まあ、ざっとこんなものですね」 >アル
ブリーズボール持てたのだろうか…?
アルゲントゥムあ~ 従者が奪い取ってジャーダにパス でよろ ジャーダの体力じゃ奪えないと思う  従者なら技能でどうにかするだろうから
アルゲントゥム尻尾が腕扱いだから 片手でボール保持は可能だから持てるよ
ゲームマスターおk>従者
ブリーズ「さ~てと…じっとしてるんだな。」>ジュフォンを回復中。
ジュフォン「……」
パンダ皇帝「ふむ…にゴール差がついた以上はあとは時間をつぶしておわりじゃのぅ!」
つぁとぅが
ジュフォンべこべこに凹んだブレストプレートを見つつ
つぁとぅが「!」
ブリーズ「……すまない、対処が遅れた。」
アルゲントゥム「こちらの方も心配なのだがね?」<覚醒の効かないリア
つぁとぅが「( ̄○ ̄)/」
ジュフォンアルの言葉に意気消沈中
ゲームマスターレフェリーが時間をみて
ブリーズ「あんだけ瞬間移動をつかったんだ、目覚めてもまたぶっ倒れるのがオチだ」
ゲームマスター試合終了の笛が鳴り響きます
アリスン「うう、鎧にヒビが…」
ブリーズ「…起きるまで傍に居てやりな。」>ジュフォン
アルゲントゥム3d6-16 とりあえず診断<リア
ダイス→アル 15(3D6: 6 5 4)-16 = -1 とりあえず診断<リア
ブリーズアルの様子を見て、パンダの元へすっとんで行きます
パンダ皇帝「わらわはつかれたぞよ・・」
ジュフォン「…ああ」>ブリーズ
パンダ皇帝「帰って寝るのじゃ…」
ゲームマスターでは、試合終了と同時に
ブリーズ「…お疲れ、さ。そろそろ休むんだな。」>さっさと移れ
ゲームマスター空綺麗な明かりがともります
ジュフォンインビジブルを脱いでリアを膝枕するです
ゲームマスター核の火で一瞬だけ二個目の太陽ができあがり
ゲームマスターゆっくりと消えていきます
ブリーズ「……すまない。」>乗員達へ
パンダ皇帝「人を殺す明かりもきれいなものじゃな」
アルゲントゥム「(ふむ…これはどう説明したものか……)」<リアの診断結果
パンダ皇帝「いや、今は無人じゃ」
ブリーズ「そうか、ならいい」
パンダ皇帝「自動操縦にしておいたのじゃ、わらわのベッドも別の場所にうつしてある」
ジュフォンoops、パンダとブリーズは離れてるのか?
ブリーズ「…例えどんなに美しかろうと、あれは灯してはならない光だ。」
パンダ皇帝「これで、また、新しい船を発注せねばならぬのぅ」
パンダ皇帝「わらわはもう…つかれた・・」
ゲームマスターパンダはふよふよと、空とぶ座布団でとんでいきます
ブリーズ「…後は俺が送り届ける、それともアルの方がいいか」
ブリーズ「行っちまったか。」>ブリは近くに寄りましたね
GM リア「うーん・・むにゃむにゃ・・」
アルゲントゥム「………?」 ?顔
GM リア「もうたべられないよ・・」
ジュフォンリアの顔に涙を落としておくのです
ブリーズ「いや…どうれ、お姫様のお目覚めの様だぞ?」
ジュフォン胸が邪魔とか無粋なことは言わないw
GM リア「ニュむー? 頭がふらふらするよぅー?」」
ジュフォン「寝てなきゃダメだぜ、リア」<涙声
アルゲントゥム「普通に出てきて普通に帰って行きましたな、頭にも乗られませんでしたし」   とぶつぶつ言ってみる
GM リア「おお? 試合おわったー?」
ブリーズ「寂しかったのか?」にやにやしながらアルに
ジュフォン「ああ、アリスンの美技は見物だったぜ?」
GM リア「おめでとー!」 ジュフォンのお尻ぎゅー
ジュフォン「きゃん!」
GM リア「ジャーダも最後、タッチダウン大活躍だったねー!」
GM ジャーダ「はあ…」
アリスン「取り敢えず、ひと段落着きました」
ジュフォン…あン?
GM リア「じゃー! 祝勝会だね!」
ジュフォン「何故、ジャーダがタッチダウンしたって知ってるんだ…??」
アルゲントゥム「いえ、お二人の『普通に出てきた方が疑う』と言う言葉が少しだけ、えぇ少し引っかかっただけですよ……」
GM リア「んー? ジャーダちゃんがいってたよー?」>タッチダウン
ブリーズ「…あんだけでかい船がでてきたんだ、そりゃああいつもしゃしゃり出ざるを得なかったんだろうよ。」とぼけたようにアル
ジュフォン「言ったか?」>ジャーダ
アルゲントゥムつ、正直<ジャーダ
ジュフォン<ド真剣な瞳で
BGCOLOR(green)ジャーダ「私が、自分のやったことを吹聴するとは…心外です…」
ブリーズ「ジャーダを見れば一目瞭然だろう、ゴールの近くに居るんだし!」
ブリーズわたわた
ジュフォン「…なぁブリーズ、何をそんなに焦ってるんだ?」<射貫く氷の瞳
アリスン「まあ何でも良いですが、屋根のあるところに戻るなり、治療に掛るなりしませんか」
GM リア「あ、ジュフォンー 私ね、週末たんじょーびなんだー(〃∇〃)」
アリスン「狙撃受けた後に開けた場所に居るのはこう、見てる方もちょっと」
ジュフォン「予定は開いてるのか?」>リア
ゲームマスター偶然にも、つぁとうがも、ノルファスさんも、同じ誕生日です
ジュフォン「ああ、移動するか」
ブリーズ「あぁ!?い、いや~…そりゃあさっさと試合終わったら呑みにとしけ込みたいしな」
ジュフォン「…………」
GM リア「かなり忙しいけど~ ちゃーんと、ジュフォンのためにあけておくよー?」 
ブリーズ「……すまない。」
ジュフォン「ン、そっか、判ったよリア」
ジュフォン「…時が満ちるのを待て、か?」<呟き、ブリーズの耳に届くか届かないぐらいで
つぁとぅが「(≧▽≦)オメット♪ヽ(・∀・ヽ)(ノ・∀・)ノ オメット♪」 >ジャーダ&アリスン&アル&ブリーズ&ジュフォン
ゲームマスターつぁとうがは、とても喜んでいます
ゲームマスターこれで、週末の試合にでれるからですねw
ブリーズ「…時機が来たら必ず話そう。それまで信じていてくれるか。」>ジュフォン
ジュフォン「お、つぁとうが。念願の週末だな、良い誕生祝いにしろよ?」
アリスン(´-`)。o0(うーん……)
ブリーズ「ケーキの予約はすませてあるか?」
つぁとぅが「o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o」 >ケーキ
ジュフォン「リア、じゃあ…一緒にチアしようぜ?祝勝会で美酒をたらふくご馳走になろう」
GM リア「うーん。ジュフォンちゃんは試合にでたほーがいいかなー?」
GM リア「おうえんするよー!」
ブリーズ「俺の事は?」>リア
ジュフォン「へっ、勝利の女神がついたか、きっと週末は勝つ!」<つぁとぅがの手を取って高く掲げ
ブリーズ「なにを今更…さて、祝勝会の準備といこうか。」
ブリーズ「…あ、そうだ。」
ブリーズ「…おかえり、ジュフォン。」>颶風を差し出し
ジュフォン「ただいま、ブリーズ」>颶風を受け取り
ゲームマスター5cpですーあと、つぁとぅがと大会からおひとり10万です
ブリーズお疲れさまでした
アルゲントゥムうい~ おつかれさま~~~
ジュフォンはいお疲れですー
アリスンお疲れ様でした
ブリーズいい加減銃を上げないと…と言うと思ったか!馬鹿め!ブリは調理を上げるぞ!
アリスンなんとも言えぬ話でした。厳しい。
ゲームマスター3/1ですのでね
ジュフォンうーん、謎が謎のままで終わった気分だな
ゲームマスターアメリカが行った核実験で最大の問題ですね
ブリーズ第五福竜丸事件ですね
ゲームマスターういうい
ブリーズうちの高校だと教えてもらえなかったんだよなあ
ジュフォン狙撃犯の拿捕が出来なかったから追究も出来んか
ブリーズテレポのスペルストーンを持ってましたよね
ゲームマスター今回は全員にトークをしましたので
ジュフォンあ、受け取った受け取ってないを決めてないやw
ブリーズとにかく魔王に会えたのが収穫かな
ジュフォンお疲れっした<トーク全員
ブリーズお疲れさまです…大変でしたね
アルゲントゥムアレは ばらけてなければ勝てたはずなんだ  アリスンさんがテレポでジュフォンさんを連れて待機場所に飛べば あらフシギ無防備なスナイパーの姿がw
ジュフォン状況がそれを許さなかったので仕方有りません
ジュフォン<勝利条件
ブリーズ試合中にばらけるなというのも難しいですね、一声集合できる呪文とかないかな
アルゲントゥムアルじゃ 連れてテレポは無理なのです 過重が……
ブリーズ一声>一斉
アルゲントゥム集合する呪文かぁ   難しいなぁ
ゲームマスターばらけるようにしむけるのが、「作戦」ですわなw
アリスン前回、この競技が国家間の代理闘争とあったので、
アリスン流石にいきなり分投げるのは躊躇われました。
アルゲントゥムあの審判捕まえて証言させようぜ~~~~~~~
ブリーズうい、仕方ありませんな。そのお陰で銀の小神が大暴れせずにすみましたし
ジュフォン多分赤黒いシミを大地に残してるんじゃないw<審判
アルゲントゥム処理済みか
アリスン審判が死んで終わるか、合法なんじゃないかなあ…まあ
アリスン死んでたら呪文で聞き出せますが。
ジュフォン代理戦争ですしね
アルゲントゥム死人に口がある世界ですからなぁw
ゲームマスター負けた方が「提訴」しなければ問題になりません
ゲームマスター勝った方もすねに傷持つことがありますのでね
ゲームマスターただ、ルルイエドルフィンズはかなり自由なチームですので
ブリーズゆすりのネタですな…!
アルゲントゥムあ~ ジムニさん   P石ってどのくらい買えます?  大きいのとか小さいの
ゲームマスター現在Pストーンはかなり高騰しております
ゲームマスターとりあえず、5点以下は2倍でお一人様5個まで、となっております
ジュフォンむぅ、発射された銃弾を受けるような特徴はないもんだか…
アルゲントゥムらじゃ
アリスン戦争前で、買占めと値段つり上げが起こってますかねソレ。
アルゲントゥム技能があるよ<射撃受け
ゲームマスター基本的に、私は「超人」はあまり好きではないんで
ブリーズ矢とかなら受る技術があるのですが>射撃受け
ジュフォンテレポ石はもらってないですかにょ^-
ゲームマスター弾丸、を受けることはアウトにしていません
ゲームマスターテレポ石、は5個ジュフォンさんにわたしておりまする
アリスン銃弾…は、確か変な特徴が居るんでしたっけ。
ブリーズ銃は射撃受けでは受けれないのですよ、そのままでは
アルゲントゥム超時感覚
ゲームマスター戦闘即応のもっとすごいやつがないと
ジュフォン戦闘即応を持ってるから取れない特徴ですな…
ゲームマスターなので、「魔王」のよけもそんなにたかくはないです
アルゲントゥム45CP (この中には戦闘即応が含まれてるので
ブリーズだから距離をおいたのかな
ゲームマスターいや、人間はとっちゃだけだからw
ゲームマスターダメだからw
ゲームマスターうい サシ、5m以内だとちょっとジュフォンさんにかてないですね
ブリーズというより、銃を受けられたらブリが涙目ですね
ジュフォン普通狙撃手には補佐する役目がいるのですw
ブリーズ銃使いの宿命ですね、それでも50mから当てるくらいの腕はありますしね
ブリーズ観測手は誰だったのでしょうね、ワームかな?
アルゲントゥム他者移動でも覚えるか……重いモノを飛ばすのは疲れるんだが
ジュフォンうーん、不知火を覚醒させないとなぁw
アリスン戦士系を飛ばすのは現時的では無いですよな…>他者瞬間移動
ジュフォンそれか盾を取るか
ブリーズ物を飛ばすのはいいかもしれません>アナザーテレポ
ジュフォン質量兵器かよw
アルゲントゥム前提は満たしてるから 1CP で覚えられますがにゃw<他者移動
ブリーズカタパルトw
アルゲントゥムそれは別の呪文になりそうw <かたぱると
ジュフォンさて、そろそろ寝ることにしますー
アルゲントゥムおやす~~~~~~~です
ブリーズ物を飛ばすというのは意外と役に立つような気がしますが
アリスンお休みなさい
ゲームマスターおやすみですー
ゲームマスターわたしもおちますー
ジュフォン嫌われるかも知れない、と言う発想を持ってると判っただけで収穫です…
ブリーズおやすみなさい!あ、PCのまとめと買い物をwikiでしておきました!
ブリーズおやすみなさい~
ゲームマスターういうい
ブリーズ会話は良かったですな