Top / Season1 / Log73
HTML convert time: 0.137 sec.

Season1/Log73

Last-modified: 2011-07-08 (金) 19:21:55
ゲームマスター
ゲームマスター
ゲームマスター
ゲームマスターここは鬼面都市バドッカ
ゲームマスター海上ドームもある球場都市
ゲームマスター命知らずか集う冒険都市でもある
ゲームマスター
ゲームマスターその遠い沖に浮かぶ海上ドーム
ゲームマスターそこで試合が今から始まろうとしていた
ゲームマスター
ゲームマスターその前に少々
ゲームマスター前回控え室でヒマしていいたアリスンさんにお客が
(グラサンをかけた)ノルファス「おお、ひさしいな。」 >アリー
ノルファス「そなたに、少々頼みがあってのう」
アリスン「あら、お疲れ様です。頼み…ですか?」
ノルファス「【ベロニカ】というエルファに、これを渡しておいてくりゃれ」  つ小さな袋
ノルファス「あとは試合の方じゃが、サン神父とジュフォンの接触を序盤は避けてくりゃれ」
アリスン「判りました。…理由を聞いても?」
ノルファス「少佐がサリカの魔力を使い始めるとしばらく無防備になるはずなので、その間にぼこって退場させるがよいぞ」
ノルファス「サンが持つ聖剣【ジュフォン殺し】は、しばらくの間【ジュフォン】に対して強力な効果を持つが、【少佐】が魔力を使い始めたらその効果はなくなるはずじゃ」
ノルファス「ジュフォンはまだ子供じゃ。なのでフォイエンの偉業をまともに評価は出来ぬ。だからもう少し大人になって、ちゃんとした評価が出来るようになったら『真実』を教えてやってくりゃれ」」
ノルファス「それの報酬はこれじゃ。前に聖なる怠惰に作ってもらったものじゃ」  つ指輪
アリスン「………」受け取りつつ
ノルファス「目撃者であるそなたには《記憶操作》はあまり効かないはずじゃからな」
アリスン「メチャクチャ大仕事じゃないですか」
アリスン(´-`)。o0(…………)
アリスン「ノルファス師。大きな魔法を使いましたか?」
ノルファス「いや、たいしたものではない。レウケの持っている【忘却のハンマー】を使わせただけじゃ」
ノルファス「サン神父には、一服もったがの」
ノルファス「ああそうじゃ。フォイエンの孫は【チビモン達がいた保育器の中】にはいっておる」
ノルファス「3000gくらいになったら取り出してフォイエンに見せてやってくりゃれ。それで【約束】は全ておわる」
アリスン「まあ判りました。死なない限りはやっておきます」
ノルファス「ふむ…… ではこれもやろう」  つ復活の杖 パワーレベル:3000 二回使用可能
ノルファス「これでフォイエンとソラの娘を生き返らせてやれ」
ノルファス「ではのぅ」
アリスン「はい」
アリスン(´-`)。o0(クエストボスの悪の魔女をやれって事かなあ…)
ノルファス「そなたには借りがないゆえ気軽に依頼ができるのぅ」
アリスン「まあ確かに。そろそろお互い無償でもOKかも知れません」
ノルファス「べはべはべは! そなたはおもしろいのぅ」
アリスン「時に」
アリスン「眼、どうかしたんですか」<サングラス的な意味で。
ノルファス「ああこれか?……直接見てしまうと【ジュフォン】への殺意が抑えられるかどうか判らぬでな」
ゲームマスターサングラスをとると、眼球がありませんね
アリスン「使ってるじゃないですか。大魔法」
アリスン呆れます。
ノルファス「眼球はゲルーシャがほしがっておったのでな。前に行った場所の技術で防腐処理をしてくれてやろうとおもうてな」
ゲームマスターゲルーシャは【眼球】が真っ黒になるので、変装するために【眼球】をくりぬいてエルファのものをかわりにはめている方々がおります
アリスン「まあ判りました。取り敢えず勝ってから皆に話させて頂きます。貴女の名を出すぐらいは勘弁してください」
ノルファス「出せばジュフォンは怒るじゃろうがな」
ノルファス「【少佐】は試合後【異次元】に【逃亡】するはずじゃ」
ノルファス「【フォイエンの死体】と【ソラの娘の死体】は前回行った【遺伝子研究施設】で再生がおわっているはずじゃ」
アリスン「ふむ」
ノルファス「おお、いかんいかん。一番の目的をわすれるとことじゃった」
ノルファス「地獄並行から持ってきた【リボン】はどこじゃ?」
ノルファス「あれがないと、この世界も一緒に滅んでしまう」
ノルファス「並行を救わないのであればちゃんと返しておかないとのぅ」
アリスンどこでしたっけ。PLが覚えてない
ジュフォンサムシング・フォーの一つとして身につけてますので
ゲームマスターおk
アリスン「えっと……ジュフォンさんの下ですね。返してもらうのは難しいかな」
ノルファス「【地獄並行】を救うのは【神々にもできない偉業】じゃ」
アリスン「んー」
ノルファス「それが【創造神】が予知した【自身と対等の存在】なのじゃ」
ノルファス「ジュフォンがダメなのであれば、また別の冒険者に委ねるしかあるまいな」
アリスン「そうですね。まあ運命に任せます」
ノルファス「まあ、わらわにはもう関係のないことじゃがな」
ノルファス「マカニはまだ戦争をする気があるようじゃから、しっかり試合には勝つのじゃぞ?」 >アリー
アリスン「なるほど。まあ老衰がお勧めです」
ノルファス「老衰か。それはわらわには無いな」
アリスン「うん?」
アリスン「まさか。そんな訳ないでしょう」
ノルファス「それにオジーの呪いを解くにはコレが一番早いでな」
ノルファス「ではもう一度会おう。ではな」と言って去っていきます
レウケ「こないだの~おくすりの~中和薬っぽいものが~できましたよ~」>アリー
アリスン「ありがとうございます。では試合終了後にでも」
レウケ「これを飲めば~。純とろさんに優先的に攻撃されなく~なります~~……物も持ちにくくなりますけどね……」
レウケ「ではー」 ノシ
ゲームマスター
ゲームマスターでは試合開始の時間です
ゲームマスター
ゲームマスター海上ドーム
ゲームマスター日を嫌う種族もいてるので天井は閉じております
ゲームマスター
ゲームマスター
ゲームマスターでは選手の紹介があり
ゲームマスター審判の紹介があり
ゲームマスター今大会の勝者の権利の説明(休戦/開戦)があり
ゲームマスター国家の斉唱に続き
ゲームマスターコイントスで先攻と後攻を決めます
ゲームマスターマカニ「表」
ゲームマスターリトル「裏」
ゲームマスター1d2 2(1D2: 2) = 2 奇数が表 
ゲームマスターリトルが勝ったので
リトル「びふぉー? あふたー?」>チームメイト
ゲームマスターリトルがとてとてやってきて、先攻が良いか後攻が良いかと?皆さんに聞きに来ます
ジュフォン「先攻だな。アタイは」>リトル
アリスン「びふぉー」>リトル
リトル「おーきーどーきー!」 
ゲームマスターでは、【ルルイエドルフィンズの先攻】です
ゲームマスター審判「ゲーム開始!」
ゲームマスター審判の笛と同時に、敵チームのキッカーがキックオフして、蹴られたボールがこちらの陣地に飛んできます
ジュフォン「まずは一本!」<ブラックウェディングで檄を飛ばすか
ジュフォンキャッチしてそのまま走り込むですよ?構わん??
アリスンうい
ゲームマスターマカニの蹴ったボールは、ドルフィンズ選手の少ないあたりに落ちてきますが、ジュフォンさんが移動力にものをいわせてキャッチします
ゲームマスタージュフォンさんが走るのであれば、敵のザコは道を空けまして
アリスンで、適度な所でパス回しのサイン
ブリーズマカニかサンをマーク
ゲームマスターサン神父がゆっくりと立ちはだかります >ジュフォンの前に
ジュフォン誰がついてきてるってブリーズか
ジュフォンパス@ブリーズ
アルゲントゥム華々しい前衛を横目で見つつ《物理防壁》《呪文維持》で《防壁》をゴール前に増々しておく。(2秒に1枚 0FPで1時間持つ壁が出来上がる)
ブリーズアリスンもいけますな>パス
サン「えーいめーん」
アリスン足の差があるのでブリーズかな。
ジュフォンですね
ブリーズういうい。飛べば移動10でごわす
アリスンこっちは、その間に前に行くでしょう。
ゲームマスターサンが【青く光るバヨネット】を光らせてジュフォンさんの前に来ます
ジュフォンボールをパスしてからミラージュのモードワンハーフで挑発
ゲームマスター3d6 ダイス 4(3D6: 2 1 1) = 4
ゲームマスターサン神父はきびすを返してコートの外にでます
ゲームマスター自制判定に成功した
ジュフォン意味不明な行動やな
ブリーズアリスンと適度な距離をとりつつ走り抜けましょう
アリスン武器の呪いに耐えたのでは。ルール違反にならんように。
アリスンで前進。
アルゲントゥムコートの外って勝手に出ちゃって良いの? 選手が
ゲームマスターまだ【呪い】がフォイエンにかかったままなんで【バヨネットを持っている】サンは、ジュフォンさんへの攻撃衝動があります
ゲームマスター一度コートの外にでた選手はそのプレイに参加できません
ゲームマスターNFLとかでも、血が出たりした選手は自主的にコート外にでます
ジュフォン10分は出てこないというわけですかね?
ゲームマスターいえ。アメフトの試合は10秒とかで1プレイが終わりますので、その後ですね
ゲームマスターこのままボールを持って走れば1プレイで6点ゲットできますので
アルゲントゥム1点入るまで(どっちかが?)って事かな
ゲームマスターアメフトの試合はボールをゲットしたほうが【4回】攻撃できます
ゲームマスターこの4回の間に【10ヤード】以上進めば、また【4回の攻撃権】がもらえます
ブリーズつまり止めればOKなのね
ゲームマスターこの一回の攻撃が『1プレイ』。四回を『攻撃シリーズ』と言います
ゲームマスター【つぁとうが】や【パンダ】が3プレイしかできないというのは、かなりな制約なわけです
アルゲントゥム…あんまり意味がないな <プレイ中復帰不可
ゲームマスターまあ【つぁとうが】は普通の相手であれば、3プレイで三回とも点をとりやがりますが
ジュフォンま、二人で1プレイ確実にとっておこ。次のプレイはちびっ子達に花を持たせたいね
ゲームマスターまあ、普通は一度外に出たら、別の選手に代えて休ませるですが。鎧を着て走り回るのはかなりな疲労ですからね
ブリーズちび達をトロール達の前に出すのか…
ゲームマスターではマカニが【電光のような速さ】でジュフォンに。エクリアさんが【弾丸のような速さ】でブリーズに、マークにつきます
ゲームマスターブリーズさんがボール持ってるのであれば、エクリアさんがブリーズにタックルしてきまするな
ブリーズ1ステップ空中に跳んでアリスンにパス
アリスン取るしかない。このビッグウェーブに。
ゲームマスターおう? サンが外にでたから「龍の担い手」をとめるやつがもういないw
ブリーズいけ!アメフトの主役はアリスンだ。
ゲームマスターでは敵のザコ選手が体当たりしてきますので、受け止めるなり(ダメージ6d6) かわすなり(相撲判定マイナス6)なり
アリスン問題はエリクサとかがない事。そのまま前進します。
アリスン受け止めます。
ゲームマスターザコでも22Lv! さすがは強豪ちーむ!
ゲームマスター6d6 ダイス 24(6D6: 3 2 5 3 6 5) = 24
アリスン-6だと判定値10なので
ゲームマスター24点ダメージを出したルークス選手はそのまま耳から血をだして倒れます
ゲームマスター龍の担い手に直接ぶつかればこんなものですなw
アリスン12点抜けました。そのまま前進。
ゲームマスターではもう敵選手はいないので、30ヤード独走です
ゲームマスター審判「たっちだーうーーん!!」
ゲームマスター実況「すごいですねぇー」
アリスン「ベンチの回復回しがきつそうな」アピールして戻る
ブリーズ「ヒーラーは足りているさ」
ゲームマスター実況「【ノルファス】さんにとられたカボチャプリンの怒りを忘れそうな見事な連携と独走ですぅー」
ジュフォン「ナイスプレイ」>アリスン
アリスン「前半で稼ぎましょう」
ゲームマスター解説「まったくすばらしいプレイで御座いまするな」
ゲームマスターでは前半はルルイエのペースで進み
ゲームマスタールルイエのリードで前半を終了します
ゲームマスターどなたか4d6を振ってください
ゲームマスターその点数だけルルイエのリードです
ブリーズありー!
ジュフォンアリスンさんお願いします
アリスンでは
アリスン4d6 ダイス 17(4D6: 6 3 4 4) = 17
ゲームマスターおお高め
アリスンまあ期待値は超えた
ゲームマスター一度のプレイで取れるのは8点が最高だから、敵は3回多く攻撃しなくてはなりません
ゲームマスター実況「前半はわたしはー出番がなかったのでー 後半はあるといいですねぇー」
ゲームマスターでは時間も無い上に点差も大きいので、さくっとワンプレイだけして勝敗を決しませうか
ゲームマスターアメフトの試合は、点差があまり離れるとおいつけませんので
ゲームマスター・では後半の開始です
ゲームマスター
ヘーゼル「相手はオンサイドキックをまるで警戒していません」
ヘーゼル「今ならかなりの高確率でボールを奪い取れると思います。ま…魔術師殿。どうおもわれますか?」 >アル
アルゲントゥム「うむ。ならばそれを、更にこの様にしてみるのはどうかね?」<裏での作戦
ヘーゼル「……」
ヘーゼル「それは! ます…魔術師殿が危険では?」
アルゲントゥム「なに”ルール的”には受け取った段階でプレイは中断するはず…ではないのかね?」
ヘーゼル「オンサイドキックとかの場合は同時にタックルが飛んできますので……」
ヘーゼル「受け取った段階でも反則覚悟でタックルしてくるひとはいますし……」
アルゲントゥム「タックルであれば問題無いよ」
アルゲントゥムうん。マジで、さっき敵に【オリ防具】が無いのは確認したから、それを覆しやせんだろう
ブリーズ「……しょうがねえな。」>怪力石を手元で弄び
ブリーズ「キック中くらいは任せろ。何、一人くらいは止めてやるさ。」
ゲームマスターああ。タックルは鎧球の場合は、武器攻撃を含みます 
ゲームマスターアメフトとはちがうのであります
ブリーズしゃあねえ受けるか
アルゲントゥムぉぃ 前提狂う はい 作戦練り直し~~~~~~
ゲームマスターまあ、一撃では無条件死亡範囲までいかんでせう
ゲームマスターなんだ。死亡判定覚悟で跳ぶのかと思った
ゲームマスターみんなタックルと言いながら武器で散々今まで攻撃していたでせうに
ジュフォン否定はせぬ
ブリーズ活力石やるから握って跳べ
アルゲントゥムしませんよ? GM2さんも自分から死を望むPLには厳しいんでしょ。するわけ無いじゃありませんか<死亡判定覚悟での行動
ゲームマスターうい。では普通にキックして敵の攻撃をつぶしまするかな
アルゲントゥムまぁ《瞬間回避》すりゃ良いだけなんですがね?<武器で殴られても
ゲームマスター敵のパスをインターセプトしてもよし。 10ヤード進ませなくてもよし
ブリーズパスされるとまずい敵を前衛組が抑えつつボールを奪うためにタックルかな
アルゲントゥム作戦通りでも構わんよ? タックルには《瞬間回避》で対応するから
ブリーズOK
ジュフォン決めてくれ
ブリーズ作戦通りで。アルの見せ場を。
ブリーズ死に場を
アルゲントゥム不吉な事を言わない!
ブリーズでは、開始しますかの。アリスンも跳んでジュフォンが護衛で
ジュフォン任せな
ジュフォン活力石+すばやさ石+倍速石。消費3秒で準備
ゲームマスター
ゲームマスターでは後半が開始されようとしています
ゲームマスターアスティも出てきていますが、【少佐】になにやら「命令」しています
ブリーズアル聞けないかな?
ゲームマスターそうすると【少佐】から莫大な量の「青いマナ」があふれでてきます
ゲームマスターサリカの「呪い」が、ハン公国の「聖剣」から別の人物に移行し始めます
ゲームマスターこの儀式が終わるまでは「少佐」は行動不可なので
ゲームマスター敵の戦力はさがります
ジュフォン…殴れるなら殴っておきたいもんですな…
ゲームマスターなので。ミント→アルエクリア→ブリマカニ→ジュフォン
ゲームマスターアリスンがノーマーク!?
ゲームマスターそんなばかな……
ゲームマスターじゃあ、ベロニカさんでも
ゲームマスター【ゲルーシャソーサラー】な、ベロニカさんがアリスンのマークに、嫌々つきます
ゲームマスターベロニカ「何で私が…… (;;」
アリスン凄いとこきた
ベロニカ「もうやめてやる! あんな上司!」
アルゲントゥム小突いたら倒れない?【ゲルシャソサラ】ってw<アリーちん
アリスンどっちかがボール持てばそうですね
ブリーズそして、オーガーブリーズがエクリアの部下になるのか
ゲームマスターアルさんほどではないけれど脆いよ! >ゲルーシャソーサラー
ブリーズ魔術師の宿命ですね
ゲームマスターでも凄腕のゾンビ使いさ! >ベロニカ
アルゲントゥム本来は【ゲルシャソサラ】のが脆いはずなんだ……よな?(ぉ
ベロニカ「……おてやわらかにな…… 私はキッカーなんだ……」 >アリー
ゲームマスター血友病だからなぁ。 普通冒険者できんよな……
ゲームマスターでは後半開始
ゲームマスター
ゲームマスター格闘家なディワンがキックをします
ゲームマスターでぃわん1「蹴るんだぎょ……」
ブリーズ倍速詠唱開始~
ゲームマスター敵に表情を読まれない魚眼がチャームぽいんと!
ジュフォンパリンパリンパリン。と発動
アルゲントゥム行動予定宣言 キック直前に<倍速> ボールの落下にタイミング合わせて<瞬間移動> 後はボールを受ける
ジュフォンマカニを振り切って敵陣落下予想地点へ移動
ゲームマスターマカニは高速飛行でジュフォンさんについていきますが、ついていくだけで精一杯ですな
アリスン倍速後、ボールの落下より少し早く瞬間移動。フェイントもかねて少し離れた位置に(高速飛行で移動するので)
ゲームマスターエクリアさんはボールを無視してブリーズに体当たりしてきますので
ゲームマスターほったらかしでおk
ジュフォン…揺るぎないナー(呆
ゲームマスターでは。皆さん楽しい楽しい楽しいテレポートのお時間です
アルゲントゥムほったらかすとブリち~がノされるんじゃ?(苦笑
ブリーズ「来なマイハニー。」<他意はありません皮肉です
ゲームマスター【端ほぼから端】までなんで、テレポート-10のシールドがあります
ゲームマスターあと60ヤードくらいなのでさらに-2
ゲームマスターエネルギー消費は5点です
アルゲントゥムん~ 23-10-2=11 か
ゲームマスターおう。それでも62.5%か!すごいな
ゲームマスターシールドがあるから【1失敗】でもシールドでとめられる
アルゲントゥムエネルギーは《石》から使うか。疲れたくないからな
ゲームマスターまあそのほうが安全ですな
アリスンこちらは10。完全な運ですな。ではダイスロール。 石から使用
アリスン3d6-10 ダイス 10(3D6: 4 4 2)-10 = 0
アリスン成功
アルゲントゥム3d6-23+12 ダイス 6(3D6: 2 2 2)-23+12 = -5
ゲームマスターおおー
ゲームマスターすごいな
ゲームマスターでは、お二人とも【着弾予想地点】に到着
ゲームマスターディワンの落下地点は10
ゲームマスター10以下でちょうどその場所。それ以上は1ヤードづつづれます
ゲームマスター3d6 ダイス 11(3D6: 3 4 4) = 11
ゲームマスターお?1ヤードだけ。優秀なキッカーだ
ゲームマスター3.44.なんで手前に1ヤードづれました
アルゲントゥム1やーどってmで言うと? 2m離れないよね
ゲームマスター1mでおk
ゲームマスター1ヤード=1メートルでおkです
アルゲントゥムもんだいなっしn。スタッフは2m有るから
ゲームマスターでぃわん「(^^V]
ゲームマスターではアルさんには、ミントさんが
ゲームマスターアリスンさんには、ベロニカさんが
ミント「まあ!こんなに近くに!(^^」
ゲームマスターでは《倍速》さんたちは二回目の行動を
ジュフォンジュフォンの位置は何処だー?
ゲームマスターこれでジュフォンさんはボールまで25mくらいまでちかづきます
ゲームマスターマカニさんでは足止めできないので、ここまでフリーでしたw
ブリーズ1ステップボールに近づいて、エクリアと対峙中
ジュフォンさらにかっとぶしかないのか
ゲームマスターエクリアさんは高速飛行で近づいてきます のこりブリーズまで20ヤード(めーとる)
ジュフォン反則覚悟で少佐を殴りに行くか…
ゲームマスターでは二回目の行動がおわったらボールが落ちてきますので
アリスンアルのキャッチをサポートかな。
ジュフォン少佐はフィールドにいるのかな?
アルゲントゥムんじゃ 渋く《陽光》でも張っておくか? いや……維持する呪文はダメだ 何もしない!(向きを変えるくらいか
ゲームマスターいてまする>少佐  ジュフォンさんから20mくらいです
ジュフォン20か届かんなぁ…
ゲームマスター向きはボール向きですか?それともミントさん向きですか? それとも二つとも目に入る位置ですか?
アルゲントゥム出来るなら両方視界に入れておきたいが優先はボールだな
ゲームマスターおk。では正面にボール 右側面視界にミントさんで
ジュフォンボールはアルとアリスンに任せて少佐にタゲを取ろう。構わん?
アリスンそうですね。
ジュフォン後ろの0.5Tで少佐に近接タゲ取り
少佐「認めたくないものだな……若さゆえの過ちとは」
ゲームマスターでは二秒目
ゲームマスターもっとも早いミントさんが動きますが、アルとの間にはアリスンさんがいてるのですかな?
ミント「…………………………死ね」
ゲームマスターミントさんの雰囲気がかわりました
アリスン「まあ、そんな気はしてました」
ゲームマスターミントさんはどこからともなく取り出した巨大なサイズで
ミント「……シニナサイ」 >アリー
アリスン「ルール無用ですか」こっちも武器もって耐えます
ゲームマスターサイズは空中で分裂してアリスンさんに命中しようとしてます。防御ペナ16です
アリスン受けられます?
ゲームマスターその大きさの武器なら壊れずに受けれますよ
ゲームマスター受け二成功すればですが……
ゲームマスター0成功で一回。1成功で二回。2成功で三回全部。受けれます
アリスン3d6-14 ダイス 7(3D6: 1 3 3)-14 = -7
ジュフォンアリスン素敵!
アリスン魔法とアイテムで耐えた
ゲームマスターこれが三版で一世を風靡した「リアル分身剣」です
ゲームマスターおおう!?つええな!
ゲームマスターミントさんの顔色がまた少しかわりました
ミント「……私の恋路を邪魔するというのですね?」
アリスン「ええ。1プレイの間だけ」
ミント「いいでしょう。つまりはそれは挑戦ということですね!」>ありー
ミント「かかってきなさいまし!」 >ありー
ゲームマスターでは、そうした喧騒をほっておいて
ゲームマスターアルさん、ボール落ちてきますんで、うけてください。ペナは1ペナ
アルゲントゥム3d6-16+1 ダイス 9(3D6: 3 3 3)-16+1 = -6
ゲームマスターでは普通はザコがなんかしてくるわけですが
ゲームマスターアリスンとミントさんの戦いが怖くて、皆さん【足をくじいたり】【腹痛に突然あったり】しているようです
ルークス戦闘員「……あんなのに巻き込まれたら……かすっただけで……(((;;))」
ジュフォンそらあんな人外どうしの戦いを見ればねぇ…(合掌
ゲームマスターでは無事にボールを奪い……(ミントさんが武器を使用したので、このままでしたらファウルでタッチダウンなのですが
ジュフォン反則覚悟で少佐を思いっきり殴る!
ゲームマスターやはりそうでしょうなw
アリスン(´-`)。o0(これ鎧球じゃないよね…)
アルゲントゥム(´-`)。o0(せめて我々だけはルール内で…)
ゲームマスターではかわりに、エクリアさんがブリーズさんに反則して相殺しませうかなw
ブリーズ「カモン子猫ちゃん」
エクリア「ほう?ネコか……なかなか面白いではないか(悪魔語」<あ、バックルをつけていると悪魔語わかります
ブリーズ右手にルナール左手にハンター。
ブリーズ「【凄く良い思い出】と【凄く悪い思い出】しかなくてね。お前さんはどっちかな?」<ネコ
ゲームマスターエクリアさんがレイトブロック(プレイ終了後、違法に相手に接触する)
ゲームマスターエクリアさんの愛の体当たり ペナ10で>ブリ
ブリーズ受けたら折れるか。後退受け止め。
ゲームマスター移動力はいまいくらです?
ゲームマスター8くらいかな? なら4おとせるから高速飛行の40から4ひいて
ブリーズういうい
ブリーズあ飛行しているので10かな
ゲームマスター(30x80)/100で、24d6
ブリーズ24d6 ダイス 85(24D6: 2 5 2 1 3 1 2 5 6 4 4 4 5 2 1 4 4 5 4 5 4 5 1 6) = 85
ゲームマスターそれに72点を足して……157てーん
ブリーズ157-18=139
ゲームマスター死亡判定2かーい
ゲームマスターおう?
ゲームマスターいっかいー
ブリーズあれ、防護有効ですよね
エクリア「さらにやるようになったな!」
ブリーズ3d6-22 ダイス 14(3D6: 5 3 6)-22 = -8
ブリーズ「肉体を使う戦いならば【人間】でも【黒の月の種族】でも同じだと思ったからだ!」
ゲームマスターでは1d6ふってください。4以下だと押し倒されます
ブリーズ1d6 ダイス 4(1D6: 4) = 4
ブリーズびたーん
ゲームマスターなので、バーサク判定をどぞー。まあ【12】なんで【成功した】でもいいですが
ブリーズ3d6-12 ダイス 8(3D6: 1 1 6)-12 = -4
ゲームマスターおk
ゲームマスターでは向こうでいちゃいちゃしているのをほっておいて
ブリーズ「残念。夜になったら暴れてやるよ。」
ジュフォン「…貴様だけは潰す!」>少佐
ゲームマスタージュフォンvs少佐
ジュフォン脳狙い強打0発動on全力強力連続
ジュフォン3d6-24 ダイス 12(3D6: 1 5 6)-24 = -12
ジュフォン3d6-49 ダイス 7(3D6: 2 4 1)-49 = -42
ジュフォン3d6-49 ダイス 9(3D6: 2 2 5)-49 = -40
ジュフォン3d6-49 ダイス 16(3D6: 6 4 6)-49 = -33
ゲームマスター全部あたりですー
ゲームマスター現在防御不可でやんすー
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 46(13D6: 5 2 5 3 3 3 3 1 6 5 4 1 5)+38+26 = 110
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 53(13D6: 4 6 3 6 6 5 4 4 1 5 3 4 2)+38+26 = 117
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 42(13D6: 1 4 3 4 3 4 2 5 2 4 3 2 5)+38+26 = 106
ゲームマスターおう?
ゲームマスターこれは魔力で作った体がもたんな
ゲームマスターその場で倒れます
ジュフォンさらにだめ押し!!もう一度頭狙い強打0全力強力連続
ジュフォン3d6-24 ダイス 8(3D6: 1 6 1)-24 = -16
ジュフォン3d6-49 ダイス 9(3D6: 3 2 4)-49 = -40
ジュフォン3d6-49 ダイス 8(3D6: 2 1 5)-49 = -41
ジュフォン3d6-49 ダイス 6(3D6: 4 1 1)-49 = -43
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 48(13D6: 2 5 2 3 5 3 5 4 3 5 5 3 3)+38+26 = 112
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 48(13D6: 3 3 3 6 1 3 5 6 1 3 5 3 6)+38+26 = 112
ジュフォン13d6+38+26 ダイス 47(13D6: 5 2 1 5 1 6 5 1 5 5 3 5 3)+38+26 = 111
ゲームマスターおうえぐい
ゲームマスター大悪魔がもうやヴぁくなってきた
ジュフォンFP30-12 18か
少佐「私を導いてくれ……」
ゲームマスターではそこで審判から静止が入り
ジュフォン「がぁああああああああ!!!!」
ゲームマスターミントさんが武器使用で+15ヤード ジュフォンさんも同じで-15ヤードで相殺
ゲームマスターエクリアさんが5ヤードの罰退なので エンドギリギリだったのでタッチダウンとなります
審判「ただいまのプレイを説明いたします」
審判「キックオフのボールをキックした側が保持。攻撃権が移行します」
審判「その折り、複数の反則があったため、全てを適用した結果」
審判「エンドゾーンまでボールが達していたため、ルルイエ側のタッチダウンとなります!」
ルルイエ側の観客席『わーわー!』
ベンチのチビたち『わーいわーい!」』
ゲームマスターではボーナスゲームも決めて25点差になったところで向こうの士気はほぼ0ですな
ブリーズちび達を惜しむ様な目で見つつ足を引き摺って配置に戻りましょう
サン神父「うむ? 先ほどまで激しい怒りが……?」
ゲームマスター神父がつき物が落ちたような顔をしてぼーっとしております
アルゲントゥム「後は無難に終わってくれると良いのだがね? ああ言う作戦は何度もやりたいものではないからねぇ」 ヤレヤレと
ブリーズああついでにエクリアの頬にキスをしてから戻るか
ジュフォンギヌロと睨み付けますねぇ…少佐の血で濡れたミラージュを構えつつ
?????「おい?ジュフォンじゃねえか? 大きくなったなあおい!」<どこからともなくジュフォンさんにそんな声がします
ジュフォンその声に聞き覚えは?
ゲームマスター激しくありますね >聞き覚え
アルゲントゥム無かったら泣くんじゃね?<声
ゲームマスターガチ泣きだろうなw >声
ゲームマスターサン神父のほうから響いてきます
アスティ「よかった! これで呪いが悪い魔女の方に移ったんだ」
アスティ「ありがとう少佐!」
少佐「ぼうやだからさ……(痛くてセリフ間違い」
ジュフォン一番求めていたその声に怒りも何も忘れただ剣をブーケのように携えて
ジュフォン「…パパ……」
?????「なんだぁ?おい。けっきょく傭兵になっちまったのか オジーの野郎ちゃんと伝言伝えなかったな?」
ふぉ???「傭兵なんてのは二束三文で人を殺す最低の職業だぜ?」
ジュフォン「…ちげぇねぇな。でも最低で最高の稼業だぜ」<涙
フォイエン「……そうか。お前が後悔してねえんならまあいいわな」
ジュフォン「剣を握らなければココにこれなかったんだかン…よ…」<涙
フォイエンの魂の入ったバヨネット「しかしここはせまくるしいな…… なんとかならねえのか?」
ジュフォン「へっ。娘をおいておっちんじまうような薄情もんにはお似合いの場所だろうよ」<でも涙
アリスン(´-`)。o0(え試合中…)
ゲームマスター激しく負傷者が出たのでレフェリータイムアウト中です
ジュフォンちょっぴり668ダメージなだけじゃないか大げさな。まぁブリーズはかなりな怪我でしょうが
フォイエン「ちげえねえな……おい。おれはコレでも巫王殺しの英雄さまなんだぜ?」
レウケ「いいえー あなたはトロール殺しの英雄さんですよー」 >フォイ
フォイエン「なんだよ。ずいぶん格下げだな」
マカニ「よかった……お姉さま……本当によかった……(;;」
フォイエン「……元気そうじゃねえか。リアもノルファスも約束を守ってくれたみてえだな」
ゲームマスター試合時間になりますが、クォータバックのマカニがまともに行動しないのでルークスは点がとれず
ゲームマスターそのまま試合終了となります
ゲームマスター少佐は近くのペローマの施療院に送られたそうです
ジュフォン「まったくお節介で早死ってのはウチの家訓かね」<泣き笑い
フォイエン「傭兵なんてのは早死にしてなんぼ。長生きしたら普通の兵隊さんがくいっぱぐれるだろう」」
ジュフォン「まぁなちょっとばかり剣の腕がついちまったが元気だぜ」
フォイエン「あの二人はどこだ? ノルファスはともかくリアは小じわがふえてやがるだろう」
ジュフォンっとサンはどうなってる?
ゲームマスターサン神父はトロール殺しの英雄フォイエンの娘がジュフォンだと知ってますのでしばらく話をするのを黙って見守ってくれています
ゲームマスターこの聖剣はハン公国の国宝なのですが
神父「……法王のご許可がある。しばらくであればこの剣を貸与してもかわないが」
ジュフォン「アタイにゃ軽すぎるな。この剣じゃ」
カボチャ「そんなこともあろうかと!」
ゲームマスターカボチャとすぷりとサイがいてます
ジュフォン「…相変わらず唐突だな」
ゲームマスターカボチャはサンから小剣を二つともうけとり、なにやら魔法をとなえたかとおもうと、一瞬だけ姿が消え
ゲームマスターすぷりとサイがグレソーを一本もっています
すぷり「……う、うちなおした……」 つグレソー >じゅふぉん
すぷり「……こ、これで【分かれた魂】も元通り……」
ジュフォン「…」<頷いて。頬にチューしてからグレソを受け取るのです
グレソー「お。ごきげんじゃねえか!」
ジュフォン「ミラージュモードスタンバイ」 
グレソー「いくらでも、形はかわるんだな」
ゲームマスターグレソーは沢山にのバヨネットになったりブロソーになったりして遊んでいます
ジュフォン「…焔」 「魂魄刀・焔」<ぼそそっ。フォイェン=火焔なのです☆
ゲームマスターこれであとは体を前に復活をすごいLVで唱えればフォイエンは復活します
ゲームマスター【バヨネット】は【技能付与】を無くしますが、他の能力は残るので
ゲームマスター
ホー先生「では【ルルイエの勝利】なので【帝国と聖域王国の戦争】は【一時停戦】とするホー」
ホー先生「もし【不服】があるものがあれば【一月の休戦後】異議を申し立てるホー」
ホー先生「ではー。これにて【停戦条約決定戦】を【ルルイエの勝利】【停戦】として終了するホー!」
ゲームマスターそういうと【プアル】が渋い顔をして、立ち上がり足早に去っていきます
ホー先生「ではMVPの発表だほー」
ゲームマスターミントさんをとめたアリスンでせうな
ジュフォン「ヒーローインタビューだぜ」>アルアリー
ブリーズ「……ほら行ってこいよMVPさん。」>アリーとアルの背中を押して
ジュフォン異議無しですな
ゲームマスター優秀賞にアルさんですな
ブリーズうむ
ゲームマスターMVPには、100万ムーナ。副賞として米10年分
ゲームマスター優秀賞には、30万ムーナ。副賞として米3年分
ゲームマスターベストイレブンには10万ムーナと米1年分です
アリスン「MVPといえば聞こえは良いですが。この位置ってある意味生贄ですよね」
アリスン米とな
ゲームマスター戦争用に買い占めていた米が余るんだw
アリスンなるほど。
ブリーズ(……あれほどあればちび達とみんなで宴会できるよな…)
ブリーズ(……何を考えているのか弟子一人満足に救えずにまだ調理人ぶるなんぞ。)
ゲームマスターミントさんはすでに先ほどのことを忘れたようにアルさんのマフラーを手縫いしています
ゲームマスター観客『M!V!P!!」
ゲームマスターではMVPコールが響く中
ゲームマスター「平和を祈る原始の戦い」 を終わりますー  5cpですー あファイトマネーで一人1万はいりますー
ブリーズお疲れ様でした。
ジュフォン「さてパパ稽古をしたいんだけど石と鉄骨どっちがいい?」
「ちょおまもうすこしやさしくだな」
ジュフォン「問答無用!!」<母親メイリオのことを一言も出さなかったのが気にくわなかったようです